自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ソフト編)

こんにちは、ジンです。

前回のハード編に続きまして、今回はソフト編というか、実際のインストール作業について書いておきます。

僕自身、最近になって夢を見始めた素人ですので、内容に認識違いがあるかもしれませんが、素人なりの解釈で書いておきます(笑)

1. PCの用意
こちらは前回のハード編で組んだ自作PCになります。PCといっても載っているチップセットでだいぶ変わってきます。今回はH170を積んでいるASRockのMini-ITXマザーボードを使いました。(動作実績がWeb上で確認できたため)

2. Mac OSとUSBメモリーの準備
16GB以上のUSBメモリーを用意して、フォーマットしておきます。
OSのインストーラーはすでにMacを持っている方であれば、比較的簡単に用意できます。MacのApp StoreからOSのインストーラーをダウンロードできますので、まずはダウンロードしてUSBメモリーに入れておきます。

こちらはやり方が2つあります。
A. Unibeastというソフトを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。
B. ターミナルを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。

最初は訳がわからないので、Aの方法でUSBにインストラーを入れていましたが、慣れるとターミナルでコマンドを入れた方が楽になります。Aに関してはOSの言語を一度英語にするなど面倒な手順がありますので、ターミナルにコマンドをコピペして終わるBの手順をお勧めします。

3. CloverをUSBメモリーにインストール
こちらはPCでMac OSを動作させるために必要なソフト(ブートローダー)です。こちらはまずUSBにインストールします。

4. PCにOSをインストール作業
BIOSでUSBからPCを起動させた後は、いつものMac OSと同じようにインストールを開始します。

5. CloverをPCにインストール
USBメモリーにインストールしたのと同様に、PCにもインストールします。この作業をしないと、USBメモリーをPCから抜くと起動しなくなります(笑)

6. CloverのConfig.plistの変更とkextのインストール等の作業
こちらは使用しているマザーボードやビデオカードによって内容が異なります。自分のボードにあったものを探して、インストールするという根気がいる作業になります。すでに同じマザーボードで成功している方のファイルをいただくなどして、最終的に自分の環境にったセッティングをしていくかたちになるかと思います。

前回のハード編では一旦やらないと宣言していた無線LAN関係も動作させることができました。

このハード編とソフト編を書いている途中でMac OS 10.12 Sierraが登場しました。
次回はSierraでのインストール方法を書こうと思います。

Mac魔改造の部屋

Apple Payで JAL Card Suicaの「Suica」が登録できない

こんにちは、ジンです。

iOSも10.1にアップデートし、今朝からiPhone 7でSuicaの登録をしていますが、うまくいかないです。

手持ちのクレジットはJAL Card Suicaです。いわゆるクレジットカードとSuicaが一緒になったカードです。

クレジットカードとしては問題なく登録でき、クイックペイのカードとして認識されたようです。後ほどコンビニ行って試そうと思います。

期待していたSuicaの登録ですが、カード裏面のSuica番号下4桁を入力し、カードの下半分を隠す用にiPhoneを置いても失敗します。

Suicaの登録はこのクレジットカード上のSuicaではだめなのかな? もう一枚別のSuicaを用意すれば、このクレジットカードからもオートチャージできるのでしょうかね?

また調べて続報書きます。

自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ハード編)

こんにちは、ジンです。
Macの良さは、ハードもソフトもApple製で相性バッチリということなんですけど、それ故にハードの拡張性が全くと言って無い状態です。
その昔、Mac miniをもんじゃ焼のヘラでこじ開け、CPUを交換したこともありましたが、現在のMacにおいてはカスタマイズのハードルも上がってしまいました。

Macでも自作PCのように自由にハードの交換ができればいいのになんて思っていた矢先、あるブログ記事にたどり着きました。
PCにMac OS Xを入れている人がいる… いや、入れている夢を見た人がいる(笑)
まぁ、ライセンス的にアレなんで。夢見てるだけですよ、きっと。
で、同じ夢を見るために1ヶ月前から色々なサイトを見ながら情報を集めていたりして、ようやっと夢を見る準備ができたので、簡単に手順などを書いておこうかなと思いました。

参考にしたサイト
http://ichitaso.com/hackitosh/hackintosh-osx86-snow-leopard-10-6-8/
http://www.tonymacx86.com
http://www.insanelymac.com

参考にしたサイトの管理人・運営の方々、ありがとうございます。助かりました。

色々なサイトを見ながら、無線LAN・Bluetooth環境に関してはハードルが高そうなので、今回は一旦置いておこうかと思います。
Apple純正のモジュールをMacから取り外したり、海外サイトから購入したりできるようです。

■今回の夢のために組んだハード構成は以下の通り
CPU:Intel Core i5 6500(3.2GHz Skylake)
MB:ASRock H170M-ITX/ac
SSD:CFD CSSD-S6O240NCG1Q (240GB)
RAM:W4U2133PS-8G x2 (16GB)
PCケース:Lian Li PC-Q21
電源:SilverStone SFX電源 300W SST-ST30SF
光学ドライブ:Panasonic UJ-875A
CPUクーラー:リテールクーラー

最初はこの先の拡張性を考え、MicroATX以上のマザーボードと、ミドルタワーかフルタワーのPCケースを秋葉原のドスパラに探しに行ったのですが、その場にあったLian Li PC-Q21に一目惚れし、マザーボードの規格をMini-ITXに変更しました。
マザーボードの選考に関しては、tonymacx86のリストにあったMini-ITXで一番安いものを選択しています。型番からもわかる通り、H170のチップを搭載しているものです。

H170とZ170のチップの差が分かるサイト
http://pssection9.com/archives/z170-h170-b150-h110-chipset.html

PCケースにスロットローディングスリムドライブ用のスリットが入っているので、ここに搭載するための光学式ドライブを購入。中国からPanasonic UJ-875Aを輸入しました。これでリッピングが捗る…。
その他のパーツは、価格.comとかAmazonのレビューを見てなんとなく選んだ感じです(笑)

PCの組み立てに関しては特に特記することもなく、1時間もかからず組み上げてしまいました。

hackintosh parts

hackintosh内部

ビデオカードは、様子を見て購入しようかと思っています。
今回はSkylake版 Core i5の内蔵GPUであるIntel HD530での動作を試しますが、すでにスリープから復帰できない症状が報告されているようなので、後々ビデオカードは用意しようと考えています。

次回はインストールに関して書きたいと思います。

Mac魔改造の部屋

【MVNO SIM】b-mobileの高速定額が遅すぎたので、IIJmioライトスタートプランに乗り換えた話

こんにちは、ジンです。また久しぶりの更新になりました(笑)

今回は何かと話題に上がるSIMカードの話。MVNOのSIMは一体どこがお得なんだとか、どこが安定して速いのかという話題で色々なサイトで盛り上がっていますよね。まぁ便乗するつもりはないんですが(笑)、複数のSIMを使う機会に恵まれたので、記録のためにも書いておこうかなと。

メインで使っているiPhone 6Sはソフトバンクの5GBプランで運用していたのですが、iPad Proとのデータシェアと、外でのYoutubeの閲覧が原因であっという間にパケットを使い果たしてしまうことが増えてしまいました。

そこでb-mobileの高速定額とモバイルルーター(NETGEAR AirCard 785S)を購入して、これでパケット使い放題だぁーなんて思っていたのですが、案の定、低速定額って感じの通信速度でした…。

同じb-mobileでも、おかわりSIM 5段階とかはもう少し速度が出ています。というか全然速度が違う。

たまたまIIJmio(BIC SIM)のプリペイドパックが手元にあったので、一応速度測ってみました。

■使用端末
・Apple iPhone SE 16GB SIMフリー版
・NETGEAR AirCard 785S(モバイルルーター)

テストは各環境2回やりました。時間は土曜日の朝9〜10時。本当は複数の時間帯でやったほうがいいのかなと思いましたが、めんどくさいので(笑)
場所は東京都と埼玉県の県境付近にある自宅内からです。

ではまず、自宅のSoftBank光のWi-FiルータにiPhone SEを接続してみます。

■iPhone SE + SoftBank光 Wi-Fi環境
iPhone SE + SoftBank光 Wi-Fi 1回目

iPhone SE + SoftBank光 Wi-Fi 2回目

1回目:PING 7ms / ダウンロード 77.84Mbps / アップロード 152.34Mbps
2回目:PING 8ms / ダウンロード 45.51Mbps / アップロード 120.00Mbps

まぁ、当然の結果ですね。
では次にiPhone SEに挿入しているb-mobile おかわりSIM 5段階の速度をご覧ください。

■iPhone SE + b-mobile おかわりSIM 5段階(モバイルルーターなし)
iPhone SE + b-mobile おかわりSIM 5段階 1回目

iPhone SE + b-mobile おかわりSIM 5段階 2回目

1回目:PING 34ms / ダウンロード 14.21Mbps / アップロード 12.68Mbps
2回目:PING 24ms / ダウンロード 24.47Mbps / アップロード 11.15Mbps

この速度なら、問題ないのでは?という感じでしょうか。
すでに3ヶ月以上使っていますが、メインで使用しているSoftBank回線のiPhone 6Sと比べてもストレスがないレベルです。

次にこのiPhone SEにNETGEAR AirCard 785S(モバイルルーター)+ b-mobileの高速定額SIMを挿入した状態での測定値です。

■iPhone SE + b-mobile 高速定額(モバイルルーター経由)
iPhone SE + b-mobile 高速定額(モバイルルーター経由) 1回目

iPhone SE + b-mobile 高速定額(モバイルルーター経由) 2回目

1回目:PING 82ms / ダウンロード 0.48Mbps / アップロード 1.03Mbps
2回目:PING 37ms / ダウンロード 0.68Mbps / アップロード 8.56Mbps

ものすごく遅いです。この回線をモバイルルーターと一緒に使用して2ヶ月ぐらい経ちましたが、正直使い物にならんといった感じです。
時間帯にもよりますが、ローディングに若干の時間はかかりながらもYoutubeを閲覧することができました。ですが、基本的にはフェイスブック見るのも、ニュースサイト見るのもしんどいです。特記することがあるとすれば、北海道の田舎に使用した際に、昼間の時間帯に下り速度が8Mbpsを超えていたことです。田舎に行けば帯域の取り合いにならないのかも。

■iPhone SE + IIJmio プリペイドSIM(モバイルルーター経由)
iPhone SE + IIJmio プリペイドSIM(モバイルルーター経由) 1回目

iPhone SE + IIJmio プリペイドSIM(モバイルルーター経由) 2回目

1回目:PING 46ms / ダウンロード 2.89Mbps / アップロード 11.93Mbps
2回目:PING 48ms / ダウンロード 3.74Mbps / アップロード 10.66Mbps

この速度なら、通常使用は問題ないって感じです。フェイスブックもニュースサイトもストレスなく見ることができます。なんか安心しました。同じdocomo系のMVNOでも会社やサービスプランが変われば、全然違う感じですね。

上記の結果を受けて、先ほどb-mobileの高速定額はその場で解約してきました(笑) 解約金が発生しないのであっさりしたお別れでしたね。
それと同時に、IIJmioの契約をプリペイド式から月額プランに契約変更しました!! 契約変更も自宅からインターネット経由ですぐにできてしまうのは本当にありがたいです。
プリペイドと月額プランで差がないか念のため計測しましたが、大丈夫なようです。

■iPhone SE + IIJmio ライトスタートプラン(モバイルルーター経由)
iPhone SE + IIJmio ライトスタートプラン(モバイルルーター経由) 1回目

iPhone SE + IIJmio ライトスタートプラン(モバイルルーター経由) 2回目

1回目:PING 48ms / ダウンロード 4.44Mbps / アップロード 11.49Mbps
2回目:PING 39ms / ダウンロード 3.64Mbps / アップロード 9.73Mbps

ライトスタートプランはつい最近、データ量が5GB→6GBに増量されたようなので即決でした。
もともと利用していたb-mobile高速定額は、1,980円/月(税別)で使い放題ではあるものの回線があまりに遅く、月に1.5GB程度しか使用していなかったので、1,520円/月で6GB使えるIIJmioの方が自分の利用シーンには合っているという判断をしました。

また1ヶ月ぐらいたったらIIJmioの感想でも書きます。

中華カーボン TOP FIRE R872に乗って思ったこと

こんにちは、ジンです。

お盆休みのおかげで、ゆっくり自転車に乗り時間も撮ることができました。組み立て時よりすでに340kmほど走りましたが、いまのところ不具合らしい不具合もなく、順調です。

一応、以下のような感じで組み立てました。
フレーム:TOP FIRE FM-R872(48cm 3Kマット仕上げ)
ホイール:TOP FIRE WH-R60C カーボン depth:60mm width:20mm, Clincher, Finish:3K Matte, 20/24Holes, HUB:R13
タイヤ:Panaracer CLOSER
シートポスト:31.6mm x 350mm カーボン 3kマット仕上げ
サドル:28 mm x 275 mm カーボン 3kマット仕上げ
ステム:FSA OMEGA OS-168LX シュレッドレスステム ブラック 80mm
ハンドル:FSA OMEGA31 コンパクトハンドル 400mm
レバー:SRAM APEX Double Tap Levers
フロントディレイラー:SRAM APEX Braze-On
リアディレイラー:SRAM APEX Short Cage
クランクセット:SRAM APEX 165mm 50/34T
ブレーキ:SRAM APEX
スプロケット:SRAM APEX 11-26T
BB:KCNC KC30GXPCH BB30 x GXP Black w/ENDURO CH Bearings ROAD
ペダル:TIOGA SureFoot8 ペダル ブラック PDL07800

組立当時の写真
IMG_7384

以上のような感じです。
組み立ては今回自分で行いました。工具も何点か買い足しましたし、組立の手順の確認のために「ロードバイク完全組立1.1.2」というDVDを購入しました。

[tmkm-amazon asin=’B0050GE5UK’][/tmkm-amazon]

一番苦労したのは、やはりリアディレイラーとフロントディレイラーの調整ですかね。SRAMにコンポであれば、基本SHIMANOの情報で組み立てることができますし、一部リアディレイラーの調整もカンパの情報が役に立ちました。

IMG_9661

あと、FM-R872はBBの規格がBB30。今回組み込んだSRAMのクランクはGXPという規格。普通に考えると組み込めないのですが、変換アダプタを使うことで組み込むことが可能です。

IMG_9659

ご参考
KCNC KC30GXPCH BB30 x GXP Black w/ENDURO CH Bearings ROAD
http://enduroforkseals.com/id355.html

あと、もう一つ特記しておいたほうがいいことがあるので書いておきますが、カーボンサドルがちょっと難ありです。

IMG_9658

100g前後と非常に軽く、見た目もかっこいいいですが、私のお尻では40km以上走ると徐々に痛くなりますし、なんて言ったって、きしんで音がなります(笑)強いお尻と音が気にならない方であればお勧めかも。

中華カーボン(TOP FIRE R869)の返品失敗の件

こんにちは、ジンです。

先日のポストにも書きましたが、中華カーボンの実態を知るべく自ら購入に踏み切ったわけですが、苦難の道のりでした。

注文から組み立てまでの道のりをもう一度おさらいしますが

1.メーカーに直接連絡し、カーボンフレーム(R869)を注文。PayPalで支払。

2.無事にフレームが届いたけど、精度が低く、表面に欠けがある商品が届く。

3.クレームを入れ、返品を申し立てる。

4.中国の税関で法外な税金をかけれらたため、メーカーが受け取り拒否

5.手元の戻る

6.Invoiceを書き直して、再度返送。

7.今度は中国税関が輸入拒否

8.再度手元に戻るが、付属品のシートポストがなくなる

9.郵便局に欠品があると伝える

10.メーカーにこのやり取りの間で欠品が出たことを伝える

11.返品をあきらめる

12.これでは自転車に乗れないので、仕方なく新しい(別モデルの)フレームR872を注文

13.無事に到着!!

14.ほかのパーツを取り寄せ組み立て

15.欠品パーツが到着

16.ヤフオクで難ありフレームを無事に処分

17.新しいフレームの組み上げが終わり、無事に乗り始める。

18.細かくパーツを変えながら、260km走る←今ここ

と、とんでもなく時間がかかったのです。

最初に買ったのはTOP FIREのR869というDeRosaのSuperking888にそっくりなフレーム。こいつがトラブルの元凶でした。
最初から今乗っているR872を購入していればこんなことにはならなかったのですが、当初ホリゾンタルフレームが欲しくて各所調べてこのフレームに行き着いたわけなんですね。

最初に書いたEMSの伝票の内容
ems01

その昔、郵便局の人に返品時はこれでも大丈夫と言われ、Wiggleに返品した時は「商品見本/0円」でも返品できたのですが。

今回この内容で返品したところ、メーカー側に約18,000円程度の関税がかかってしまうとのことで、受け取りを拒否されてしまいました。というか、正確にはメーカーで一旦支払うけど、この分の追加料金って払ってくれるんだよねと?メーカー側に言われたので、こちらが拒否したのですが…。

で、中国から再び私の手元に戻ってきたR869を再び中国へ送り返そうとして書いたEMSの伝票
ems02

0円がダメだったんだろうと思って、商品価値のないこのフレームに「商品/10000円」と書いて再度送りましたが、すでに目をつけられていたのか、中国側の税関で問答無用で帰ってきました(苦笑)その後、正式に書類を作成し、理由を求めても「受け取れない」という返事が中国から返ってくる始末。

返品時には金銭のやりとりを行っていないのに、税金かかるのはなんとも腑に落ちないですね。しかも、このやりとりの間に、付属のシートポストが紛失しました。

フレーム発送した東京都内の郵便局に荷物が紛失したことを伝えると、お金が返ってくる(賠償)と教えてもらえたので、ちゃんと手続きを行いました。私の場合は一部の紛失でしたが、申請した10000円と送料約4000円=約14000円が返金されました。

中国で無くなっただろうに、日本の郵便局が私に賠償するのもなぁ…。

とりあえず、手元に残ったR869もオークションで購入時の値段よりも若干上ぐらいで処分できましたし、送料分も賠償請求で戻ってきたので良しとしました。

TOP FIREでフレームを購入する場合は、担当者の対応はかなりいいですが、購入するフレームによってクオリティにばらつきがあるのではないかと思いました。R869とR872ではとても同じメーカーが売った商品とは思えないものでした。

恐らくTOP FIREもただの代理店で、その先に複数の工場がいるんだろうな。

不良品だった中華カーボン TOP FIRE R869のお話

こんにちは、ジンです。今日も中華カーボンの話。

前回のポストでも書いた通り、中華カーボンを注文→乗り出しまでいろいろなトラブルがありました。
そのトラブルの原因になったのがR869というカーボンフレームです。

一部ではDeRosa R888 SuperKingのOEMバージョンなんじゃないかとかいろいろ噂されていたフレームです。
当初ホリゾンタルフレームがほしくて、いろいろなサイトから情報を集めて、結果このR869にたどり着いたわけなのです。

最初の注文から、我が家に届くまではそんなに時間もかからず、スムーズに届いたように思われました。
ただ、箱から開けてみてビックリ!!

フレームの表面がえぐれてる…。
TOP FIRE R869 表面

それだけじゃありません。フォークも…。
TOP FIRE R869 フォーク

ヘッド周りにバリがあってヘッドパーツが入らない…。
TOP FIRE R869 ヘッド

その他、表面の浮き(気泡?)のような場所も何箇所もあり、UDのマッド仕上げとはいえ、かなり状態の悪いものが届きました。直ちにメーカーに連絡して返品処理を行いましたが、税関の関係で返品をすることができなく(後日詳しく書きます)、結局ヤフオクで処分することになりました。

一応全体はこんな感じ。
TOP FIRE R869

シートステイなど、どう見ても左右で形が違うように見えましたし、傷もたくさんありました。後処理して塗装すれば目立たなくなるかもしれませんが、そこまでの労力をかける気にもならなかったなので、諦めてしまいました。

一つ良かったと思ったのは軽さです。プラスチックでできてるんじゃないかと思いうぐらい軽かったのは確かです。
実際に乗るまでは至らなかったので、フレームの剛性とかは全くわかりませんでしたが。

その後購入したR872はまるで同じメーカーが作ったものとは思えないぐらいちゃんとしたものが届きました。
次回はR872の事を詳しく書こうかと思います。

中華カーボン TOP FIRE R872を組み立てて思ったこと

こんにちは、ジンです。ブログ書くのしばらく過ぎてすみません(笑)
書いていない間にいろいろなことやっていましたが、中華カーボンについてはちゃんと書いておこうかと思って、再び書き始めました。

一部では某有名ブランドのOEM元の工場で生産されたとか、これは完全に偽物フレームだとか、いろいろ話題になりやすい中華カーボン(中国製のカーボンフレーム)ですが、自分で買ってみないとわからないので思い切って買ってみました。

結論から言うと、まぁ上出来なのではないかと思っています。
ただいろいろとトラブルがあり、購入→組み立て→乗り出しまでなんと約5ヶ月もかかりました。
この件は他のポストで書こうかと思っていますが、簡単に説明すると

1.メーカーに直接連絡し、カーボンフレーム(R869)を注文。PayPalで支払。

2.無事にフレームが届いたけど、精度が低く、表面に欠けがある商品が届く。

3.クレームを入れ、返品を申し立てる。

4.中国の税関で法外な税金をかけれらたため、メーカーが受け取り拒否

5.手元の戻る

6.Invoiceを書き直して、再度返送。

7.今度は中国税関が輸入拒否

8.再度手元に戻るが、付属品のシートポストがなくなる

9.郵便局に欠品があると伝える

10.メーカーにこのやり取りの間で欠品が出たことを伝える

11.返品をあきらめる

12.これでは自転車に乗れないので、仕方なく新しい(別モデルの)フレームR872を注文

13.無事に到着!!

14.ほかのパーツを取り寄せ組み立て

15.欠品パーツが到着

16.ヤフオクで難ありフレームを無事に処分

17.新しいフレームの組み上げが終わり、無事に乗り始める。

18.細かくパーツを変えながら、260km走る←今ここ

最初に買ったフレームが運悪く不良品で、また税関の関係で返品ができなかったことが時間がかかった原因かと思います。
幸いにも不良品フレームはヤフオクでジャンク扱いにも関わらず、購入金額と大して変わらない金額で処分でき、また新しいフレームには特に問題がなかったため、現在までに無事に乗れている状態です。

出来上がったロードバイクはこんな感じ
TOP FIRE R872(サイズ:48cm)
TOP FIRE R872 48cm

シートポスト、サドル、フレーム、ホイールは3Kのマッド仕上げのカーボンになります。
アルミピストフレームからの乗り換えでしたので、当然乗り出しも軽く、ショックの吸収性は格段に違います。
中華カーボンなので、見ての通り黒でものすごく地味ですが、気に入っています。

次回からは中国のメーカーとのやりとりを詳しく書いていきます。

WiiU Pro コントローラーをMacでゲームパッドとして使用する方法

こんにちは、ジンです。僕がWindowsでやっていたレースゲーム「Race Driver GRID」がいつのまにかMacに対応していて、AppStoreからリリースされていました。すぐに購入してしましたが、このブログを書いている今現在もまだダウンロードの真っ最中です(笑)有線LANにつなぎ直しても4時間ぐらいかかっています。

もうすぐ「GRID 2」がリリースされますが、同じくMac版が発表されることを祈っております。

それで、レースゲームやるならやはりコントローラーが必要になるかと思い、いろいろ検索していたのです。Xbox360やプレステ3のコントローラーがMacで使えるのは知っていましたが、何となく買う気が起こらなかった。

PS3に関しては、手に持った時の感覚が嫌い(個人的な感想)なのと、Xbox360のコントローラーはなんか高級感が無い。別にゲームのコントローラーに高級感など求めてもどうしようもないのですが、どうせならと思ってさらに物色していたところ、Bluetooth接続できるコントローラーを発見してしまいました!!

任天堂 WiiU Pro コントローラー !!

[tmkm-amazon asin=’B009AP2518′][/tmkm-amazon]

 

IMG_1806

おおっ!! 任天堂の存在を見事に忘れていました!!

まるでApple製品のような高級感。キーボード・マウスと並べても違和感がない。謎の4つのLED(笑)はよくわかりませんが、スティックボタンもちゃんとあるから、レースゲームにはもってこい。巷ではYボタンが押しづらいなど言われていて評判が悪いですが、デザインがとてもかっこいい。

けど、これはちゃんとMacで使えるのだろうか? Bluetoothでつながれば行けるのか? ということで調べまくりました。

TeHaxor69さんとう方が開発したアプリ「Wii U Pro Controller OSX」というもので、MacでWiiU Pro コントローラーを使用することができます。

アプリのダウンロードは
https://docs.google.com/file/d/0B6QxbmaAgfWLQ2tFSjdZcjFHdlE/edit?usp=sharing
からできます。

画面左の「ファイル」→「ダウンロード」で一括ダウンロードできます。

実はここまでは30分ぐらいで行き着いたのですが、実際に認識させるのにものすごい時間がかかったのです。いろいろなサイトを翻訳しながらようやく見つけた方法です。以下簡単に手順を残しておきます。

 

1. まず、MacのBluetoothがONになっていることを確認します。

2. 上記サイトからダウンロードした「Wii U Pro Controller OSX」を起動します。

3. この画面が表示されたら、WiiU Pro コントローラーの裏にある「SYNC」ボタンを押します。

00

4. WiiU ProコントローラーのLEDが点滅していることと、アプリ側の画面のLEDが点滅していることを確認して、一度アプリを終了します。システム環境設定の「Bluetooth」から「Nitendo RVL-CNT-01-UC」を選択し、「-(マイナス)」ボタンをクリックして、削除します。

5. WiiU ProコントローラーのLEDが消灯することを確認したら、再度「Wii U Pro Controller OSX」を起動します。

6. 「Wii U Pro Controller OSX」のコントローラーのウィンドウのどこかをクリックするか、メニューから設定を開いて、出てきたウィンドウの「Alt Sync」にチェックを入れ、このウィンドウを閉じます。

02

7. WiiU Pro コントローラーの裏にある「SYNC」ボタンを押します。

以上の行程を行うと、コントローラーが振動し、Macとの同期が完了します。作業中にアプリ側のコントローラーのボタンが赤く光ったら失敗しています。

01

次回はこのコントローラーを使って実際にゲームを行ってみようと思います。

 

[tmkm-amazon asin=’B009AP2518′][/tmkm-amazon]

Mac魔改造の部屋

初代MacBook Pro A1150のハードディスクをSSD化

こんにちは、ジンです。今回もオークションで落札した初代MacBook Proの話。なにせこのマシン7年前のモデルなので、お世辞にも速いとは言えないのです。

前回のポストでも公言した、ハードディスクをSSDに交換する作業を行いましたので、簡単に書いておきます。

交換はここのサイトを参考にしています。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

今回使ったSSDはIntelの520 Series SSDSC2CW120A310。読込速度 550 MB/s、書込速度 500 MB/sのものになります。実売価格は12,000円ぐらい。

交換作業自体は10分ぐらい。写真のように問題なく装着できました。

Macbookpro02

純正のハードディスク(TOSHIBA MK8032GSX 80GB)のベンチマークの結果↓

TOSHIBA

今回交換したIntelの520 Series SSDSC2CW120A310のベンチマーク↓

intel

元々の性能から比べて項目によっては10倍以上速くなっています。起動の速さもすごいのですが、終了時の速度がものすごく速い。Mac OS 9の終了と同じくらい速い(笑)ほとんど一瞬でした。

まだまだ値段の高いSSDですが確実にスペックを高めるのであれば有効な方法かと思います。

 

[tmkm-amazon]B006VCP7NQ[/tmkm-amazon]

Mac魔改造の部屋

MacとiPhone、iPad、そして自転車