ヒューレット・パッカードについて

こんばんわ。ジンでございます。

今日は世界のPCメーカーHP(ヒューレット・パッカード)について日記を書きます。何故って?

そりゃ、好きだからですよ。

元来Appleを愛してやまない僕だったのですが、仕事の都合上どうしてもWindows PCを使わなくてはならない。日本のメーカーのPCは、前々職の仕事のおかげでいろいろなメーカーのPCを試すことができたけど、もう本当うんざりするぐらい良いものがない。無論あのSONYでさえ。無駄が多すぎるし、ハードのデザインもかっこわるくて、しかも高級感がない。ノートPCなんて持って歩くのが恥ずかしいだろ。

そういう点で、Appleのプロダクトは本当に高級感・デザインともに文句がない訳で。まぁ知っての通り、決して安いものではない。最近では価格も安くなったが、学生の時バイトのお金を貯めて初めて買ったPowerBook G4は30万したからな。

なんかAppleの話になりそうなので、ここらでHPの話に戻しますが(苦笑)

まぁ、HPのPC今かなり来てるんですよ!
会社でも使ってるけど、もの凄く安定してるし。
自宅にも3台HPのPCがあるけど、これもかなりいい。

写真

なにがいいかって、なによりも価格がバカみたいに安い。
デスクトップPCが12,000円で買えるということ。
http://nttxstore.jp/_II_HP12697443
既に完売してましたw

これには理由があって
1.サーバ機であること
2.OSがついてこないこと

ただ、ちょっとPCに詳しい人なら十分に使いこなすことができる。
リテール版のWinXPとかVISTAを持っていれば、インストールして普通に使うことができる。
OSなんてヤフオクで格安で手に入る。
サーバー機ゆえ、音が出ないのとビデオカードが貧弱。これももちろんビデオカードとサウンドカードを買うことで解決できる。サーバーって言ったって、ハードの構成はPCそのものなんだから当然だよね。入ってるOSの問題。

それなりのPCが3万円しない価格で手に入るわけで(モニターは別で買ってね☆)
職場でこの話をして、すでに2人同じマシンを買ったが、両人とも評価はもの凄く高いと言う。そりゃそうだ。

僕のマシンは本体込みで6万近いが、3万円の構成でインターネット、メール、Office全般(Word、Excelなど)を使うにはオーバースペックというぐらいの性能のマシンになる。

構成例(\32,500)
本体:HP ML115 G5
CPU:Athlon X2 Dual-Core 6000+ 3.1GHz
HD:160GB(Seagate)
RAM:2GB
VIDEO:NVIDIA GeForce 8400 GS 512MB
Sound:SoundBlaster 5.1VX
Drive:DVD-RW

構成例(\23,000)
本体:HP ML115 G5
CPU:Athlon 1640B 2.7GHz
HD:160GB(Seagate)
RAM:2GB
VIDEO:NVIDIA GeForce 8400 GS 256MB
Sound:SoundBlaster 5.1VX
Drive:DVD-RW

構成例(\59,500)zinco仕様
本体:HP ML115 G5
CPU:Phenom X4 9950 Black Edition BOX
HD:160GB(Seagate)
RAM:4GB
VIDEO:NVIDIA GeForce 9800 GT 512MB
Sound:SoundBlaster 5.1VX
Drive:DVD-RW
静音ファン+CPUクーラー強化

今各社(DELL、NECなど)からも格安サーバー機が発売されているけど、自分で手を加えられる幅が狭い。自作PCを一度でも作った経験がある人であれば、この価格がもの凄く安いってことぐらいは理解してもらえるはず。

格安べアボーンを買ったってこの金額は軽く超えるだろうし、余ったパーツはヤフオクで処分できる。ので、実際は12,000→9,000円で買える計算になる。

写真

あと、ウルトラモバイルについても。
HP mini 1000を年始に買ってはや1ヶ月。これもなかなかいい。イーモバイルとセットで買ったので、購入金額は9,750円。DELLのInspiron Mini 12とたまたま性能を比較する機会があって、動画の再生で動作確認したんだけども、mini1000の方が遥かに滑らかに再生する。まぁCPUの構成も若干差はあったけど。カバンに入れて持ち歩いても本当に気にならない重さと大きさ。すばらしい。

パソコン欲しい人、相談乗りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です