Apple信者の悪い病気ですよ。

こんばんわ、ジンです。このブログのデザインも変更することなく、またmixiの日記の移行も進むことなく、2回目の日記となってしまいました。

先日、「Back to the Mac.」と題してまたAppleさんが発表会を行いました。Apple信者の僕には、ミサのようなもので、少し時間が経ってからですけどストリーミング放送でその模様を見てました。

前々から噂されていた新型「MacBook Air」も、僕の予想を遥かに超えたすばらしいもので、特にこの11.6インチモデルに関してはようやっと待っていたものが発売されたと思いました。

このモデルが2009年の1月に発売されていれば、HPのネットブックなんて買わなくてすんだのにとwww

とりあえず、買う買わない別にして、実機を見ようと思って会社を定時に出て、ヨドバシ秋葉へ。18時現在でこの「MacBook Air」の周りには約10人ほどの人だかりが。そしてすべての人がやるのがとりあえず「持ってみて重さを確認する」ということ。例に漏れず、僕も同じく持ち上げて重さを確認。

でなぜか、そのまま日比谷線に飛び乗り、聖地「AppleStore Ginza」へ。ヨドバシで持った瞬間決めていました。「もう買っちゃおう」ってwww

とりあえず買うにも、USキーボードモデルはWebのAppleStoreか、聖地に行くしかないことを知っていたので、迷わず聖地に行ったわけです。

青いシャツを着た店員さんを捕まえ、即在庫を出してもらいました。

聖地から一番近いスタバでかんたんにセットアップは済ませて、twitterで騒ぎまくったわけですが、とりあえず使用感をまとめます。

・メリット
小ささを感じさせないほどキーボードはしっかりしていて打ちやすい
11.6インチの画面は解像度は1366×768とMacBookと遜色ない解像度、見やすい

・デメリット
キーボードはバックライト付きではない

まだ2時間も使っていないのでこれぐらいしかわかりませんが、起動はめちゃくちゃ速いですよ。

明日は都内のWi-Fiスポットを転々としながら、このブログの更新とtwitterへの書き込みを行いたいとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です