ジップロックに包まれたiPad

iPadでバスタイムをすこぶる楽しむ方法

こんにちは、ジンです。

さてタイトルにもある通り、iPadを風呂で使う方法を。

昨晩風呂に入っていて、急に本が読みたくなったり、映画を見たくなったりしたくなった訳です。いつもはiPhoneで風呂場の外から大音量で音楽を流して聴いていたりしていたのですが、音楽だけじゃもの足りなくなってしまいました。

大学のときにバスタイムを有効的に使うために、雑誌を風呂場に持ち込んで読んだこともありますが、濡れてその後はかぴかぴになったりで、すぐにあきらめていたのですよ。

あれから数年。また同じことがやりたくなったのですが、本だけじゃなくて、映像も見たい…。

WATERWEAR for iPad
http://tunewear.com/ja/waterwear-ipad/

すでにTUNEWEARというメーカーから、iPadの防水ケースは出ているのですが、まだ手に入れていなかったため、ジップロックとガムテープ、そしてさらにビニール袋で包んで、風呂場に持ち込みました。

たぶんこの日記を書き終わった後にでも防水ケース買いに行くんでしょうな。

で、昨晩やったジップロックカスタムは以下www

ジップロックに包まれたiPad

一応問題なくというか、浸水することもなく無事に使うことができました。タッチの感じも問題ない。ちゃんと反応する。これで本も読めるし、Youtubeもニコ動見れる。もちろん音楽もインターネットも。それにゲーム。

風呂のふたの溝にiPadしっかりはまり、角度も調節できるwww

ふたの溝

ホームサーバにある動画ファイルをiPadで観覧するのはかなり面白い。iPadの容量を気にしなくてもサーバにある500GB分の映像が好きに見られる。

僕はAirVideoというiPhone/iPadアプリを入れていて、Mac/PCに保存している動画ファイルを無線LAN経由で見ています。(Mac/PC側にもソフトのインストール要) 近々この件でちゃんと日記を書きます。設定次第では外からでも自宅の映像を見ることができる優れもの。おすすめです。

AirVideo
http://www.inmethod.com/air-video/index.html

ドリカムのライブの映像をずっと見ていたのですが、3時間も風呂に浸かっていたのは言うまでもない。意外とのぼせないもんだなwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です