Cinelli Pista Handle Bar 40cm Alu

ハンドル Cinelli Pista Handle bar

こんにちは、ジンです。

DODICI SPECIALの完成のために、パーツをコツコツ集めはじめました。今回はハンドルです。

前回ロゴがうるさいと酷評したCinelliですが、懲りずにまた購入しました(笑)MASIのCOLTELLOに取り付けていたのはペッパーライズドバーと呼ばれるいわゆるライザーバーでした。(これが原因でVelospaceでアメリカ人にディスられたわけですが 笑)

今回はドロップバー「Cinelli Pista Handle Bar」です。このハンドル結構入手困難なのでしょうか?国内・海外問わず、結構売り切れになっています。探すのに苦労しました。このハンドルにはクロモリ仕様とアルミ仕様がありますが、僕はアルミをチョイス。クランプ径が31.8mmでピストハンドルで有名なものと言ったら、これとDedaとEASTONしか知りません。

Cinelli Pista Handle Bar 40cm Alu

幅(C-C):400mm
ドロップ:160mm
リーチ:112mm
クランプ径:31.8mm
材質:6061 T6 Double butted Al Alloy
重さ:330g(420mmモデルの重さ)

EASTONはカーボン製でめちゃくちゃ高いし、Dedaは42cmの幅しかない。消去法でもCinelliしか残らなかったのですが、決め手になったのはやはり形ですかね。

以前購入したGRAN COMPE HANDLE BARもなかなかかっこよかったですが、この「Cinelli Pista Handle Bar」は同じくらいかっこいい。いや、それ以上かも。

通常であれば握りやすさとか、どのくらい自分の体に合うかで選択するものかと思いますが、僕にとって自転車はかっこいい乗り物であってほしいため、どうしても外見を重視してしまうのです。Dedaの「PISTA 31 Track Bar Handle」はドロップが173mmあるので、ヘッドチューブの長さが短いフレームだと横から見た特に違和感が出てしまうのですよ。

これはMASI COLTELLOにNITTOのB123AA-BK(ドロップ:175mm)を試しにつけた時に感じたことなのです。その結果、MASI COLTELLOに取り付けたのがGRAN COMPE HANDLE BAR。

GRAN COMPEのハンドルの詳細がわからないのでここでは書きませんが、NITTOのB123AAはサイズがわかるので書いておきます。

NITTO B123AA-BK

幅(C-C):360mm
ドロップ:175mm
リーチ:95mm
クランプ径:25.4mm
材質:アルミ
重さ:325g

後から知ったのですが、B125AAというドロップが150mmのハンドルもあったようです。

念のためCinelli Pepper Rased Barもご紹介。

Cinelli Pepper Rased Bar

幅:440mm
クランプ径:31.8mm
材質:6061 T6 Double butted Al Alloy
重さ:220g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です