ホーム画面から設定を選択

iOS 5.0.1 アップデート手順(iPhoneから)

こんにちは、ジンです。

ようやっと本日AppleからiOS 5.0.1のアップデートが発表になりました。バッテリーの消費問題がすでに告知されていましたが、これを修正するアップデートのようです。iPhone 3GS/4/4S、iPad/iPad 2、第3/4世代iPod touchに適応します。

他には

・iPadのマルチジェスチャの追加
・iPad 2用のApple製「Smart Cover」に関するセキュリティ問題の解決
・「iCloud」サービスにおけるドキュメントのバグが修正
・オーストラリアのユーザー向けに音声認識精度が改善

などの問題を修正したようです。

実は僕はこのアップデートをものすごく待ちわびていたのですよ。

「iOS5から母艦(Mac/PC)なしで、iPhone単体からOSのアップデートができるようになった」

からです。早く試してみたかったのですよ(笑)

今までは、MacかPCにインストールされたiTunesからUSBケーブルを経由してアップデートを行っていたのですが、iOS5からは直接iPhoneにアップデートファイルをダウンロードして、インストールまでできるのです。もちろん今まで通りiTunes経由からアップデートできます。

Wi-Fi(無線LAN)につながっていることが前提条件です。以下、設定の手順をご紹介します。

1.ホーム画面から「設定」を選択します。
ホーム画面から設定を選択

 2.「一般」を選択します。
設定から一般を選択

3.「ソフトウェア・アップデート」を選択します。
一般からソフトウェア・アップデートを選択

4.アップデートを確認する画面が表示された後、すぐにiOS 5.0.1のアップデートの画面が表示されるので、「ダウンロードしてインストール」を選択します。
アップデートを確認中 iOS 5.0.1

 

5.利用条件に同意します。
利用条件に同意する

6.インストール中にバッテリーがなくなってしまうのを防止するためのメッセージを表示されるので、バッテリーの状態を確認して「OK」を選択します。
電源の確認

7.ダウンロードが開始されます。
iOS 5.0.1のダウンロードの開始

8.ダウンロード終了後に今インストールするか聞いてきますので、10秒待つか、「インストール」を選択します。後でインストールしたい人は「後で」を選択します。
インストールを開始する

9.アップデートの検証作業を開始した後、iPhoneが自動的に再起動されます。
アップデートを検証中

10.リンゴマークの下にステータスバーが表示され、インストール作業を行います。
インストール中

11.無事にホーム画面に戻ればアップデート終了です。
再起動後ホーム画面に戻る

12.念のため、ソフトウェア・アップデートの画面と情報から間違いなくアップデートされていることを確認します。
ソフトウェアは最新です 情報からも確認できる

僕の場合は、この作業に要した時間は約20分ほどでした。回線の速さでもいくらか違いは出るかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です