MASIとDODICIの比較

MASI COLTELLOとDODICI SPECIALを比べてみた

こんにちは、ジンです。

完成したDODICI SPECIALにも乗り慣れてきた感じです。もうヤフオクで処分してしまったMASI COLTELLO+AEROSPOKEと比べようと思い、Photoshopで写真を加工していました。

MASI COLTELLOは49cmでDODICI SPECIALは51cmのフレームです。
MASIとDODICIの比較

適当に写真の大きさを合わせたものなので、詳しい寸法は違っているとは思いますが、シートからハンドルまでの長さや、地面からサドルまでの高さはほとんど一緒なのがわかります。この位置が乗りやすいんだと思います。

この二つのフレームを比べて、フォークとシートチューブの角度が全く違うことに気が付きました。角度にこんなに違いがあったとは。横から見たときにCOLTELLOに変な違和感を感じていたのはこのせいでしょう。

一般的にヘッドチューブとフロントフォークが立つほど機敏な操作が可能になりますが、そのかわりに安定性がなくなるという特性があります。またヘッドチューブとフロントフォークが寝る ほど安定感は増すけれども、操作が鈍重になると言われています。DODICIの方がMASIに比べてフォークは寝ているように見えますが、ハンドルが重いなどという感じは一切ありません。ヘッドセットのおかげなのかむしろ軽い感じすらします。

前にも書きましたが、僕にとって自転車はただの乗り物ではなく、スポーツカーやスーパーカーのようにカッコいい存在であってもらいため、ルックスにはかなり気をかけているのです。もちろん乗り心地や軽さなども気にしますが、ステムの角度、ホイールの高さ、サドルの形まで今回は妥協をしなかったつもりです。

この6年間で、5台のスポーツ車に乗りましたが、今回のDODICI SPECIALはそういう意味では集大成のようなものであり、今後の指針になるようなものであるようにも感じました。過去の4台の経験はすべて活きてるなと実感します。

今回、DODICI SPECIALを購入したのは、当初Leaderの新しい735TRか2011midの725TRの白を買おうかと思い、ウェブでいろいろ調べていた最中にVelospaceでたまたま見つけたのがきっかけでした。COLTELLOを買う時も、最初はLeaderの725TRを買おうと思ってショップを探していたところに偶然にもCOLTELLOを見つけてしまったのです。 Leaderは前回も今回も未遂で終わっているのです(笑)

 725TRにも735TRにもこのきれいな赤はないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です