ミニ四駆 速攻でボディの自作に挑戦の続き

こんにちは、ジンです。すっかりミニ四駆にハマってしまいまして、今月既に7台も購入してしまいました。いわゆる大人買いができる年齢になったんだなと実感(笑)とは言え小学生のときはおそらく通算で100台は購入していたんだと思います。月のお小遣いをすべてミニ四駆に使ってましたからね。学習机の引き出しの上から下までミニ四駆で埋まっていて、まるでミニ四駆の立体駐車場になっていたこともあります(爆)その時でも同時に所有していたのが32台だった気がします。

今月買ったミニ四駆

さて、前回購入後すぐにボディをぶった切ってパテでくっ付けていたサバンナレオですが、ちょっと失敗してしまいました。パテの種類の選定に失敗したのが主な原因ですね。僕、エポキシパテとラッカー系パテの区別がついていなかったんですよ。でパテ痩せすることもプラ板が溶けることも知らなかったので、無惨な結果になってしまいました。

現在は溶けた部分や余計な箇所を取り除き、エポキシパテで修正しているところです。

補修中のサバンナレオ

で、その間にも新しいボディを作ってます。今回はアバンテMk.IIIアズールとサバンナレオをくっ付けています。ピンバイスで穴を開けて、ニッパーで切除して、カッターで切除して、棒ヤスリと紙ヤスリで仕上げるという手法は、今も基本になっています。

アバンテとサバンナレオ

現在はこんな状況。フロントの結合が終わり、パテの部分を削っている最中です。

アバンテ レオ

完成が楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です