自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ソフト編)

こんにちは、ジンです。

前回のハード編に続きまして、今回はソフト編というか、実際のインストール作業について書いておきます。

僕自身、最近になって夢を見始めた素人ですので、内容に認識違いがあるかもしれませんが、素人なりの解釈で書いておきます(笑)

1. PCの用意
こちらは前回のハード編で組んだ自作PCになります。PCといっても載っているチップセットでだいぶ変わってきます。今回はH170を積んでいるASRockのMini-ITXマザーボードを使いました。(動作実績がWeb上で確認できたため)

2. Mac OSとUSBメモリーの準備
16GB以上のUSBメモリーを用意して、フォーマットしておきます。
OSのインストーラーはすでにMacを持っている方であれば、比較的簡単に用意できます。MacのApp StoreからOSのインストーラーをダウンロードできますので、まずはダウンロードしてUSBメモリーに入れておきます。

こちらはやり方が2つあります。
A. Unibeastというソフトを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。
B. ターミナルを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。

最初は訳がわからないので、Aの方法でUSBにインストラーを入れていましたが、慣れるとターミナルでコマンドを入れた方が楽になります。Aに関してはOSの言語を一度英語にするなど面倒な手順がありますので、ターミナルにコマンドをコピペして終わるBの手順をお勧めします。

3. CloverをUSBメモリーにインストール
こちらはPCでMac OSを動作させるために必要なソフト(ブートローダー)です。こちらはまずUSBにインストールします。

4. PCにOSをインストール作業
BIOSでUSBからPCを起動させた後は、いつものMac OSと同じようにインストールを開始します。

5. CloverをPCにインストール
USBメモリーにインストールしたのと同様に、PCにもインストールします。この作業をしないと、USBメモリーをPCから抜くと起動しなくなります(笑)

6. CloverのConfig.plistの変更とkextのインストール等の作業
こちらは使用しているマザーボードやビデオカードによって内容が異なります。自分のボードにあったものを探して、インストールするという根気がいる作業になります。すでに同じマザーボードで成功している方のファイルをいただくなどして、最終的に自分の環境にったセッティングをしていくかたちになるかと思います。

前回のハード編では一旦やらないと宣言していた無線LAN関係も動作させることができました。

このハード編とソフト編を書いている途中でMac OS 10.12 Sierraが登場しました。
次回はSierraでのインストール方法を書こうと思います。

Mac魔改造の部屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です