カテゴリー別アーカイブ: Mac

自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ソフト編)

こんにちは、ジンです。

前回のハード編に続きまして、今回はソフト編というか、実際のインストール作業について書いておきます。

僕自身、最近になって夢を見始めた素人ですので、内容に認識違いがあるかもしれませんが、素人なりの解釈で書いておきます(笑)

1. PCの用意
こちらは前回のハード編で組んだ自作PCになります。PCといっても載っているチップセットでだいぶ変わってきます。今回はH170を積んでいるASRockのMini-ITXマザーボードを使いました。(動作実績がWeb上で確認できたため)

2. Mac OSとUSBメモリーの準備
16GB以上のUSBメモリーを用意して、フォーマットしておきます。
OSのインストーラーはすでにMacを持っている方であれば、比較的簡単に用意できます。MacのApp StoreからOSのインストーラーをダウンロードできますので、まずはダウンロードしてUSBメモリーに入れておきます。

こちらはやり方が2つあります。
A. Unibeastというソフトを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。
B. ターミナルを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。

最初は訳がわからないので、Aの方法でUSBにインストラーを入れていましたが、慣れるとターミナルでコマンドを入れた方が楽になります。Aに関してはOSの言語を一度英語にするなど面倒な手順がありますので、ターミナルにコマンドをコピペして終わるBの手順をお勧めします。

3. CloverをUSBメモリーにインストール
こちらはPCでMac OSを動作させるために必要なソフト(ブートローダー)です。こちらはまずUSBにインストールします。

4. PCにOSをインストール作業
BIOSでUSBからPCを起動させた後は、いつものMac OSと同じようにインストールを開始します。

5. CloverをPCにインストール
USBメモリーにインストールしたのと同様に、PCにもインストールします。この作業をしないと、USBメモリーをPCから抜くと起動しなくなります(笑)

6. CloverのConfig.plistの変更とkextのインストール等の作業
こちらは使用しているマザーボードやビデオカードによって内容が異なります。自分のボードにあったものを探して、インストールするという根気がいる作業になります。すでに同じマザーボードで成功している方のファイルをいただくなどして、最終的に自分の環境にったセッティングをしていくかたちになるかと思います。

前回のハード編では一旦やらないと宣言していた無線LAN関係も動作させることができました。

このハード編とソフト編を書いている途中でMac OS 10.12 Sierraが登場しました。
次回はSierraでのインストール方法を書こうと思います。

Mac魔改造の部屋

自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ハード編)

こんにちは、ジンです。
Macの良さは、ハードもソフトもApple製で相性バッチリということなんですけど、それ故にハードの拡張性が全くと言って無い状態です。
その昔、Mac miniをもんじゃ焼のヘラでこじ開け、CPUを交換したこともありましたが、現在のMacにおいてはカスタマイズのハードルも上がってしまいました。

Macでも自作PCのように自由にハードの交換ができればいいのになんて思っていた矢先、あるブログ記事にたどり着きました。
PCにMac OS Xを入れている人がいる… いや、入れている夢を見た人がいる(笑)
まぁ、ライセンス的にアレなんで。夢見てるだけですよ、きっと。
で、同じ夢を見るために1ヶ月前から色々なサイトを見ながら情報を集めていたりして、ようやっと夢を見る準備ができたので、簡単に手順などを書いておこうかなと思いました。

参考にしたサイト
http://ichitaso.com/hackitosh/hackintosh-osx86-snow-leopard-10-6-8/
http://www.tonymacx86.com
http://www.insanelymac.com

参考にしたサイトの管理人・運営の方々、ありがとうございます。助かりました。

色々なサイトを見ながら、無線LAN・Bluetooth環境に関してはハードルが高そうなので、今回は一旦置いておこうかと思います。
Apple純正のモジュールをMacから取り外したり、海外サイトから購入したりできるようです。

■今回の夢のために組んだハード構成は以下の通り
CPU:Intel Core i5 6500(3.2GHz Skylake)
MB:ASRock H170M-ITX/ac
SSD:CFD CSSD-S6O240NCG1Q (240GB)
RAM:W4U2133PS-8G x2 (16GB)
PCケース:Lian Li PC-Q21
電源:SilverStone SFX電源 300W SST-ST30SF
光学ドライブ:Panasonic UJ-875A
CPUクーラー:リテールクーラー

最初はこの先の拡張性を考え、MicroATX以上のマザーボードと、ミドルタワーかフルタワーのPCケースを秋葉原のドスパラに探しに行ったのですが、その場にあったLian Li PC-Q21に一目惚れし、マザーボードの規格をMini-ITXに変更しました。
マザーボードの選考に関しては、tonymacx86のリストにあったMini-ITXで一番安いものを選択しています。型番からもわかる通り、H170のチップを搭載しているものです。

H170とZ170のチップの差が分かるサイト
http://pssection9.com/archives/z170-h170-b150-h110-chipset.html

PCケースにスロットローディングスリムドライブ用のスリットが入っているので、ここに搭載するための光学式ドライブを購入。中国からPanasonic UJ-875Aを輸入しました。これでリッピングが捗る…。
その他のパーツは、価格.comとかAmazonのレビューを見てなんとなく選んだ感じです(笑)

PCの組み立てに関しては特に特記することもなく、1時間もかからず組み上げてしまいました。

hackintosh parts

hackintosh内部

ビデオカードは、様子を見て購入しようかと思っています。
今回はSkylake版 Core i5の内蔵GPUであるIntel HD530での動作を試しますが、すでにスリープから復帰できない症状が報告されているようなので、後々ビデオカードは用意しようと考えています。

次回はインストールに関して書きたいと思います。

Mac魔改造の部屋

WiiU Pro コントローラーをMacでゲームパッドとして使用する方法

こんにちは、ジンです。僕がWindowsでやっていたレースゲーム「Race Driver GRID」がいつのまにかMacに対応していて、AppStoreからリリースされていました。すぐに購入してしましたが、このブログを書いている今現在もまだダウンロードの真っ最中です(笑)有線LANにつなぎ直しても4時間ぐらいかかっています。

もうすぐ「GRID 2」がリリースされますが、同じくMac版が発表されることを祈っております。

それで、レースゲームやるならやはりコントローラーが必要になるかと思い、いろいろ検索していたのです。Xbox360やプレステ3のコントローラーがMacで使えるのは知っていましたが、何となく買う気が起こらなかった。

PS3に関しては、手に持った時の感覚が嫌い(個人的な感想)なのと、Xbox360のコントローラーはなんか高級感が無い。別にゲームのコントローラーに高級感など求めてもどうしようもないのですが、どうせならと思ってさらに物色していたところ、Bluetooth接続できるコントローラーを発見してしまいました!!

任天堂 WiiU Pro コントローラー !!

Wii U PRO コントローラー (shiro)

Wii U PRO コントローラー (shiro) [不明]

価格¥ 5,184

出版社任天堂

商品カテゴリーVideo Game

特徴対応ソフトなどで使用する拡張コントローラーです, ワイヤレスで最大4個まで本体に接続できます, 付属のケーブルを使って、USB経由で充電することができます

Supported by amazon Product Advertising API

 

IMG_1806

おおっ!! 任天堂の存在を見事に忘れていました!!

まるでApple製品のような高級感。キーボード・マウスと並べても違和感がない。謎の4つのLED(笑)はよくわかりませんが、スティックボタンもちゃんとあるから、レースゲームにはもってこい。巷ではYボタンが押しづらいなど言われていて評判が悪いですが、デザインがとてもかっこいい。

けど、これはちゃんとMacで使えるのだろうか? Bluetoothでつながれば行けるのか? ということで調べまくりました。

TeHaxor69さんとう方が開発したアプリ「Wii U Pro Controller OSX」というもので、MacでWiiU Pro コントローラーを使用することができます。

アプリのダウンロードは
https://docs.google.com/file/d/0B6QxbmaAgfWLQ2tFSjdZcjFHdlE/edit?usp=sharing
からできます。

画面左の「ファイル」→「ダウンロード」で一括ダウンロードできます。

実はここまでは30分ぐらいで行き着いたのですが、実際に認識させるのにものすごい時間がかかったのです。いろいろなサイトを翻訳しながらようやく見つけた方法です。以下簡単に手順を残しておきます。

 

1. まず、MacのBluetoothがONになっていることを確認します。

2. 上記サイトからダウンロードした「Wii U Pro Controller OSX」を起動します。

3. この画面が表示されたら、WiiU Pro コントローラーの裏にある「SYNC」ボタンを押します。

00

4. WiiU ProコントローラーのLEDが点滅していることと、アプリ側の画面のLEDが点滅していることを確認して、一度アプリを終了します。システム環境設定の「Bluetooth」から「Nitendo RVL-CNT-01-UC」を選択し、「-(マイナス)」ボタンをクリックして、削除します。

5. WiiU ProコントローラーのLEDが消灯することを確認したら、再度「Wii U Pro Controller OSX」を起動します。

6. 「Wii U Pro Controller OSX」のコントローラーのウィンドウのどこかをクリックするか、メニューから設定を開いて、出てきたウィンドウの「Alt Sync」にチェックを入れ、このウィンドウを閉じます。

02

7. WiiU Pro コントローラーの裏にある「SYNC」ボタンを押します。

以上の行程を行うと、コントローラーが振動し、Macとの同期が完了します。作業中にアプリ側のコントローラーのボタンが赤く光ったら失敗しています。

01

次回はこのコントローラーを使って実際にゲームを行ってみようと思います。

 

Wii U PRO コントローラー (shiro)

Wii U PRO コントローラー (shiro) [不明]

価格¥ 5,184

出版社任天堂

商品カテゴリーVideo Game

特徴対応ソフトなどで使用する拡張コントローラーです, ワイヤレスで最大4個まで本体に接続できます, 付属のケーブルを使って、USB経由で充電することができます

Supported by amazon Product Advertising API

Mac魔改造の部屋

初代MacBook Pro A1150のハードディスクをSSD化

こんにちは、ジンです。今回もオークションで落札した初代MacBook Proの話。なにせこのマシン7年前のモデルなので、お世辞にも速いとは言えないのです。

前回のポストでも公言した、ハードディスクをSSDに交換する作業を行いましたので、簡単に書いておきます。

交換はここのサイトを参考にしています。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

今回使ったSSDはIntelの520 Series SSDSC2CW120A310。読込速度 550 MB/s、書込速度 500 MB/sのものになります。実売価格は12,000円ぐらい。

交換作業自体は10分ぐらい。写真のように問題なく装着できました。

Macbookpro02

純正のハードディスク(TOSHIBA MK8032GSX 80GB)のベンチマークの結果↓

TOSHIBA

今回交換したIntelの520 Series SSDSC2CW120A310のベンチマーク↓

intel

元々の性能から比べて項目によっては10倍以上速くなっています。起動の速さもすごいのですが、終了時の速度がものすごく速い。Mac OS 9の終了と同じくらい速い(笑)ほとんど一瞬でした。

まだまだ値段の高いSSDですが確実にスペックを高めるのであれば有効な方法かと思います。

 

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 120GB 2.5inch Bulk SSDSC2CW120A310

Intel SSD 520 Series(Cherryville) 120GB 2.5inch Bulk SSDSC2CW120A310 [不明]

出版社インテル

商品カテゴリーPersonal Computers

特徴形状:2.5インチ内蔵HDD, タイプ:内蔵, キャッシュ(MB):0, メモリタイプ:MLC, 読み取り速度(MB/s):550 書き込み速度(MB/s):500

Supported by amazon Product Advertising API

Mac魔改造の部屋

初代 MacBook Pro A1150のドライブを交換

こんにちは、ジンです。また時間が経ってしまいました(苦笑)

今回はMacの話。つい最近、友人がRetinaのMacBook Pro 13インチを購入し、ちょっとだけ羨ましく思っておりました。まぁ別に僕が買っても使う用途があるわけでもないんですけどね。

iPad miniを買ったおかげで、大体のことはこれでできてしまう。最悪MacでもWindowsにでもリモートでログインすればいい。

とは思いつつも結局買っちゃうのが僕なんですよね(笑)流石に今回は新品を買いませんでしたが、旧機種のジャンクのMacBook Pro 15インチを買いました。モデルナンバーがA1150のやつなので、CPUもCoreDuo 1.83GHzのもので、OSも10.6.8までしかインストールできない。それでも欲しかったんです。

Macbookpro01

ジャンクと言ってもDVDドライブの故障のみなので、30分もあれば治せるだろうし。それにSSDでも入れれば速くなるだろうと。

一週間前にClassicでしか動かない昔のソフトを動かしたくて、オークションで初代のPowerBook G4を購入してしまったのが、今回の衝動買いを後押ししてしまったんだろうな。Macのノートの格好良さを再認識してしまったのです。

Macbookpro03

で、早速ヤフオクでドライブを落札。元々ついていたUJ-857CAを新品で購入。Apple純正じゃなくても同型であれば装着できるだろうと思って、秋葉原をうろついていたのですが、IDE接続のスロットローディングのドライブ自体売っていない…(汗) 仕方ないのでヤフオクで落札したのですが、このドライブを出品者ている方のほとんどが海外発送。私が落札した商品の出品者の方は日本人のようでしたが、深圳から商品は発送されていたようです。もう国内在庫無いのか。

交換方法は以下のサイトが参考になります。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

Macbookpro04

まぁ純正なので問題なく認識して、ジャンク品から完動品になりました。

 

サンワサプライ MacBook proPCインナーケース 15.4型ワイドIN-MAC15BK

サンワサプライ MacBook proPCインナーケース 15.4型ワイドIN-MAC15BK [不明]

出版社サンワサプライ

商品カテゴリーPersonal Computers

特徴ファスナーガード機能付きMacBook Pro専用インナーケース。

Supported by amazon Product Advertising API

Mac魔改造の部屋

iMac (Mid2011)のメモリを4GB→16GBに換装 Transcend

こんにちは、ジンです。

先日購入したiMac 27inchは標準で4GBのメモリを搭載しています。現状でも特に動作にもたつきを感じることもなく快適に使用していますが、メモリもだいぶ安くなったので思い切って16GBにすることにしました。

iMacには4基のメモリスロットを搭載し、そのうち2基にそれぞれ2GB、合計4GBを搭載しています。
iMac 2011 RAM4GB 純正メモリ ELPIDA

純正メモリを取り外したら、ELPIDAのものを使用しているようです。メモリの規格としては1333MHz DDR3 PC3-10600 SO-DIMM 204pinです。いわゆるノート型パソコンでよく使われているやつです。MacBook Proも同じ規格になります。
iMac mid 2011 純正メモリ

交換手順はAppleの公式ページに詳しく載っています。
http://support.apple.com/kb/HT1423?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP#1

今回はTranscendの4GBを4枚用意しました。UMAXなども選択肢にありましたが、これは個人的な好みかな。動作報告もたくさん聞いていたので。
Transcend JM1333KSN-8GK 4GBx2枚を2セット

Transcend JM1333KSN-8GK 4GBx2枚

JM1333KSN-8GK、これは4GBx2枚で8GBのキットという意味の型番らしい。今回それを2セット購入して合計16GBにした訳です。合計で約6400円ほどの出費になりました。すでに1枚で8GBのメモリも登場し、非公式ながらiMacでの動作報告があちこちで聞いています。2012年5月5日現在の価格で約15000円ぐらいから購入できます。

iMac 2011 RAM16GB Transcend JM1333KSN-8GK

交換作業も10分程度で終了し、何の問題もなく起動しました。
交換したあとの動作の軽さなどの実感もまだない状態です。交換してからこのブログ書く位しか作業やってませんから(笑)

余った2GBx2枚を念のために残しておくことにしましたが、全くと言っていいほど使い道がない…。
オークションで売ればそれなりにはなるかと思いますが。

iMacにすべての環境を移した(売却したものと購入したもの)

こんにちは、ジンです。

購入から一週間、机も本日届いてiMacの仮設置から本設置になり、データの移行も完了しました。なんだかんだ言ってやっぱノートよりデスクトップの方が使いやすいです(笑)

iMacと机

今回、自宅で使用していないものはとことん処分して、最新で使える機器に買い替えようと思って一週間ほど過ごしていました。
とりあえず、この「家庭内機器大規模入替」により処分したものと新しく購入したものをご紹介。

処分したもの
・Adobe Creative Suite 3 Design Premium(Adobe Creative Cloudに切り替えるから)
・Apple Macbook Air 11.6インチ USキー MC505JA/Ah(iMacを購入したからと、64GBのストレージの少なさ)
・Apple Mac mini Core2Duo 2.0GHz RAM2GB HD120GB(ファイルサーバをNASに切り替えたから)
・NEC VALUESTAR N VN750/M(奥さんがいらないって言ったのとiMacを購入したから)
・Apple Wireless Keyboard M9270J/A(Mac miniを処分したから)
・Logicool ワイヤレスマウス MX Revolution(Mac miniを処分したから)
・Logicool Bluetoothワイヤレスマウス M555b(MacBook Airを処分したから)
・SoftBank SELECTION TVチューナー SB-TV01-WFPL/BK(意外とテレビ見なかった)
・Kuota Kharma 2011(全然乗ってないからきれいなうちに売却)

新しく購入したもの
・iMac 27inch MC813J/A
・E-mobile LTE GL01P(WiMAXよりつながる!! iPad用)
・NAS(Mac miniの代わりにファイルサーバ)
・ニトリの机(http://www.nitori-net.jp/shop/goods/goods.aspx?goods=6246001と脚4本)
・IKEAのイス(http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/30178860/
・ToshibaのブルーレイプレイヤーDBP-S100(Mac miniがなくなり、テレビでDVDが見れないので)

購入を検討しているもの
・プリンター(HP Photosmart 6510)
・ルータ(IO-DATA WN-G300TVGR)
・マウスパッド

面白かったのは「Adobe Creative Suite 3 Design Premium」の金額。僕はMacromedia Studio MX 2004アカデミック版からのアップグレードでしたが、当時購入時価格より高く処分できた(笑)当然権利も譲渡しましたけど。印刷業界ではCS3とかでもいろんな理由があって欲しい人がいるようです。

あと困ったのは、Apple Macbook Air。新規の人が落札したかと思ったら、落札翌日にID削除して逃げやがった(苦笑)次点繰り上げして現在交渉中ですが、最悪再出品ですね。

これを機に、プリンターもAirPrint対応のものを買おうと思って物色していて見つけたのが「HP Photosmart 6510」。価格も安くて、AirPrint対応な複合機。Buy Nowしかけましたが、評判が悪いので今回は見送りかなぁ。紙づまりやインク代の高さとか。しばらくはCanon MP500で様子見ます。

それとルータ。意外とテレビを見なかったという理由でSoftBank SELECTION TVチューナー SB-TV01-WFPL/BKの処分を決めたわけなんですが、いざなくなると不安に(笑)それでIO-DATAの地デジチューナー付きルータ「WN-G300TVGR」の購入を検討しています。ワンセグじゃなく地デジである点と、TVを見ながらWebページが見れることが魅力的。今日もヨドバシで買いかけたけど、なんか寸止め。

今更だけどiMac 27inch買った。

こんにちは、ジンです。なんか急にデスクトップが欲しくなった(笑)

というのもMacBook Airもしばらく電源を入れていないのですよ。メインで使うには11.6インチという小さい画面と64GBという容量ではいろんな作業に支障が出てくるのです。それに新しいiPadのおかげでモバイル端末の役目は完全に奪われ…。

で、ヤフオクで処分して新しいiMac買うことにした!!(笑)

iMacがあればiPhone、iPadの母艦として使っていたMac miniも不要になるし。しかも大画面のiMacがあれば、奥さんが持ってきたNECのVALUESTARもいらなくなる。

ということでMacBook AirとMac mini、VALUESTARをヤフオクに出品し、新しいiMacを買ったわけです。

iMac 27inchi

いやぁ、とにかくでかい。それにものすごく速い。一番速さを感じたのはPhotoshopの起動時間と、Safariでfacebookを表示してスクロールした時。こんなに速く動くんだなって。

この夏に登場! OS X Mountain LionとMessagesのベータ版

こんにちは、ジンです。

さっきいろいろなサイトを徘徊してて見つけたのですが、早くもMacの新しいOS「OS X Mountain Lion」が発表になったようです。これはMac OS X 10.8ということでいいのでしょうか? 名前が「Mac OS X」じゃなく「OS X」という点がどうも気になります。それにしてもLionは今日現在まだ10.7.3ですよ。つい最近Lionに変えたような気がするのですが、もうアップデートされちゃうんですね。

OS X Mountain Lion

http://www.apple.com/macosx/mountain-lion/

OS X Mountain Lion arrives this summer. With all-new features
inspired by iPad, the Mac just keeps getting better and better.

ということで、この夏に登場することと、iPadのような特徴を持つようです。

ざっくり言うとOS X LionにiOS 5についてる機能をくっつけた感じなのでしょうか?

iCloudの対応は既にしてるとして、iPhoneやiPadについてるMessagesやGame Center、リマインダー、ノート、通知センター、ツイッタークライアントの内蔵があります。またMacの画面のAirPlayでApple TVに送信したり、Share Sheetsというみているページをtwitterでつぶやいたりする機能、Gatekeeperというセキュリティー機能があるようです。

Messages

その中でもMessagesはすでにベータ版が公開されてますので、早速入れてみました。

最近使っていなかったですけど、同じようなアプリ「iChat」もLionにもあったんだなぁって思っている最中、Messagesインストール中にiChatのアイコンが消えた(笑)上書きされてる? どうせ使ってなかったのでいいのですが。

Messagesの設定

AIMの設定

設定はApple IDとパスワードを入れれば基本OK。AIMやYahooメッセンジャーの機能も持っているようで、その設定もあります。(使わないのであれば未設定でOK)

Messagesのテスト

FaceTimeのボタンも表示されているので統合されたのかと思ったら、FaceTimeアプリが普通に立ち上がりました(笑)

 

MacBook Air (Late 2010)でLionのインターネット復元機能が利用可能に!

こんにちは、ジンです。

Appleから嬉しいニュースが届きました! 昨日リリースされた「MacBook Air EFI Firmware Update 2.3」で僕が持っているMacBook Air(Late 2010)でも、Lionのインターネット復元が可能になるとのこと。Mid 2011モデルでは標準で利用できる機能でしたが、旧機種であるLate 2010でもこれが可能になるのです。

あとディープスリープから復帰した直後に、電源ボタンを押すと再起動する問題も改善したようですね。

MacBook Air EFI Firmware Update 2.3

AppleのMac OS Xリカバリのページのインターネット復元の引用

ハードドライブが正しく機能しなくなった時や、OS Xが入っていないハードドライブをインストールしていた場合など、Macの問題が少し複雑になったら、インターネット復元機能が自動的に引き継ぎます。この機能はブロードバンドインターネット接続を利用し、AppleのサーバからLionの復元機能を直接ダウンロードして起動します。だからあなたのMacは、まったく同じLionの復元機能にオンラインでアクセスできる、というわけです。インターネット復元機能は、新しいMac miniとMacBook Airを皮切りに、今後リリースされるすべてのMacに標準で搭載されます。

詳しい情報はAppleのサポートページが参考になります。
http://support.apple.com/kb/HT4718?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP 

無線LAN環境がWEPやWPA-Enterpriseでは復元できないようですね。WPA/WPA2なら問題なし。PPPoEもだめみたい。これは意外だな。

この機能も通常に復元する場合は不要かもしれませんが、故障やアップグレードのために内蔵のSSDを交換するような状況になって初めて使う機能であったりもします。

試しに本当にインターネット復元できるか確かめましたが、インターネット復元はリカバリ領域(復元用HD)が使えないときに限り自動的に利用できるようで、リカバリ領域がちゃんと作成できている僕の場合は表示されないようです(これが正常なんですがね)