カテゴリー別アーカイブ: 自転車パーツ

中華カーボン TOP FIRE R872に乗って思ったこと

こんにちは、ジンです。

お盆休みのおかげで、ゆっくり自転車に乗り時間も撮ることができました。組み立て時よりすでに340kmほど走りましたが、いまのところ不具合らしい不具合もなく、順調です。

一応、以下のような感じで組み立てました。
フレーム:TOP FIRE FM-R872(48cm 3Kマット仕上げ)
ホイール:TOP FIRE WH-R60C カーボン depth:60mm width:20mm, Clincher, Finish:3K Matte, 20/24Holes, HUB:R13
タイヤ:Panaracer CLOSER
シートポスト:31.6mm x 350mm カーボン 3kマット仕上げ
サドル:28 mm x 275 mm カーボン 3kマット仕上げ
ステム:FSA OMEGA OS-168LX シュレッドレスステム ブラック 80mm
ハンドル:FSA OMEGA31 コンパクトハンドル 400mm
レバー:SRAM APEX Double Tap Levers
フロントディレイラー:SRAM APEX Braze-On
リアディレイラー:SRAM APEX Short Cage
クランクセット:SRAM APEX 165mm 50/34T
ブレーキ:SRAM APEX
スプロケット:SRAM APEX 11-26T
BB:KCNC KC30GXPCH BB30 x GXP Black w/ENDURO CH Bearings ROAD
ペダル:TIOGA SureFoot8 ペダル ブラック PDL07800

組立当時の写真
IMG_7384

以上のような感じです。
組み立ては今回自分で行いました。工具も何点か買い足しましたし、組立の手順の確認のために「ロードバイク完全組立1.1.2」というDVDを購入しました。

ロードバイク完全組立1.1.2 [DVD]

ロードバイク完全組立1.1.2 [DVD]DVD

監督飯倉清

出演飯倉清

発行サイクルメンテナンス

カテゴリーDVD

Supported by amazon Product Advertising API

一番苦労したのは、やはりリアディレイラーとフロントディレイラーの調整ですかね。SRAMにコンポであれば、基本SHIMANOの情報で組み立てることができますし、一部リアディレイラーの調整もカンパの情報が役に立ちました。

IMG_9661

あと、FM-R872はBBの規格がBB30。今回組み込んだSRAMのクランクはGXPという規格。普通に考えると組み込めないのですが、変換アダプタを使うことで組み込むことが可能です。

IMG_9659

ご参考
KCNC KC30GXPCH BB30 x GXP Black w/ENDURO CH Bearings ROAD
http://enduroforkseals.com/id355.html

あと、もう一つ特記しておいたほうがいいことがあるので書いておきますが、カーボンサドルがちょっと難ありです。

IMG_9658

100g前後と非常に軽く、見た目もかっこいいいですが、私のお尻では40km以上走ると徐々に痛くなりますし、なんて言ったって、きしんで音がなります(笑)強いお尻と音が気にならない方であればお勧めかも。

中華カーボン(TOP FIRE R869)の返品失敗の件

こんにちは、ジンです。

先日のポストにも書きましたが、中華カーボンの実態を知るべく自ら購入に踏み切ったわけですが、苦難の道のりでした。

注文から組み立てまでの道のりをもう一度おさらいしますが

1.メーカーに直接連絡し、カーボンフレーム(R869)を注文。PayPalで支払。

2.無事にフレームが届いたけど、精度が低く、表面に欠けがある商品が届く。

3.クレームを入れ、返品を申し立てる。

4.中国の税関で法外な税金をかけれらたため、メーカーが受け取り拒否

5.手元の戻る

6.Invoiceを書き直して、再度返送。

7.今度は中国税関が輸入拒否

8.再度手元に戻るが、付属品のシートポストがなくなる

9.郵便局に欠品があると伝える

10.メーカーにこのやり取りの間で欠品が出たことを伝える

11.返品をあきらめる

12.これでは自転車に乗れないので、仕方なく新しい(別モデルの)フレームR872を注文

13.無事に到着!!

14.ほかのパーツを取り寄せ組み立て

15.欠品パーツが到着

16.ヤフオクで難ありフレームを無事に処分

17.新しいフレームの組み上げが終わり、無事に乗り始める。

18.細かくパーツを変えながら、260km走る←今ここ

と、とんでもなく時間がかかったのです。

最初に買ったのはTOP FIREのR869というDeRosaのSuperking888にそっくりなフレーム。こいつがトラブルの元凶でした。
最初から今乗っているR872を購入していればこんなことにはならなかったのですが、当初ホリゾンタルフレームが欲しくて各所調べてこのフレームに行き着いたわけなんですね。

最初に書いたEMSの伝票の内容
ems01

その昔、郵便局の人に返品時はこれでも大丈夫と言われ、Wiggleに返品した時は「商品見本/0円」でも返品できたのですが。

今回この内容で返品したところ、メーカー側に約18,000円程度の関税がかかってしまうとのことで、受け取りを拒否されてしまいました。というか、正確にはメーカーで一旦支払うけど、この分の追加料金って払ってくれるんだよねと?メーカー側に言われたので、こちらが拒否したのですが…。

で、中国から再び私の手元に戻ってきたR869を再び中国へ送り返そうとして書いたEMSの伝票
ems02

0円がダメだったんだろうと思って、商品価値のないこのフレームに「商品/10000円」と書いて再度送りましたが、すでに目をつけられていたのか、中国側の税関で問答無用で帰ってきました(苦笑)その後、正式に書類を作成し、理由を求めても「受け取れない」という返事が中国から返ってくる始末。

返品時には金銭のやりとりを行っていないのに、税金かかるのはなんとも腑に落ちないですね。しかも、このやりとりの間に、付属のシートポストが紛失しました。

フレーム発送した東京都内の郵便局に荷物が紛失したことを伝えると、お金が返ってくる(賠償)と教えてもらえたので、ちゃんと手続きを行いました。私の場合は一部の紛失でしたが、申請した10000円と送料約4000円=約14000円が返金されました。

中国で無くなっただろうに、日本の郵便局が私に賠償するのもなぁ…。

とりあえず、手元に残ったR869もオークションで購入時の値段よりも若干上ぐらいで処分できましたし、送料分も賠償請求で戻ってきたので良しとしました。

TOP FIREでフレームを購入する場合は、担当者の対応はかなりいいですが、購入するフレームによってクオリティにばらつきがあるのではないかと思いました。R869とR872ではとても同じメーカーが売った商品とは思えないものでした。

恐らくTOP FIREもただの代理店で、その先に複数の工場がいるんだろうな。

不良品だった中華カーボン TOP FIRE R869のお話

こんにちは、ジンです。今日も中華カーボンの話。

前回のポストでも書いた通り、中華カーボンを注文→乗り出しまでいろいろなトラブルがありました。
そのトラブルの原因になったのがR869というカーボンフレームです。

一部ではDeRosa R888 SuperKingのOEMバージョンなんじゃないかとかいろいろ噂されていたフレームです。
当初ホリゾンタルフレームがほしくて、いろいろなサイトから情報を集めて、結果このR869にたどり着いたわけなのです。

最初の注文から、我が家に届くまではそんなに時間もかからず、スムーズに届いたように思われました。
ただ、箱から開けてみてビックリ!!

フレームの表面がえぐれてる…。
TOP FIRE R869 表面

それだけじゃありません。フォークも…。
TOP FIRE R869 フォーク

ヘッド周りにバリがあってヘッドパーツが入らない…。
TOP FIRE R869 ヘッド

その他、表面の浮き(気泡?)のような場所も何箇所もあり、UDのマッド仕上げとはいえ、かなり状態の悪いものが届きました。直ちにメーカーに連絡して返品処理を行いましたが、税関の関係で返品をすることができなく(後日詳しく書きます)、結局ヤフオクで処分することになりました。

一応全体はこんな感じ。
TOP FIRE R869

シートステイなど、どう見ても左右で形が違うように見えましたし、傷もたくさんありました。後処理して塗装すれば目立たなくなるかもしれませんが、そこまでの労力をかける気にもならなかったなので、諦めてしまいました。

一つ良かったと思ったのは軽さです。プラスチックでできてるんじゃないかと思いうぐらい軽かったのは確かです。
実際に乗るまでは至らなかったので、フレームの剛性とかは全くわかりませんでしたが。

その後購入したR872はまるで同じメーカーが作ったものとは思えないぐらいちゃんとしたものが届きました。
次回はR872の事を詳しく書こうかと思います。

中華カーボン TOP FIRE R872を組み立てて思ったこと

こんにちは、ジンです。ブログ書くのしばらく過ぎてすみません(笑)
書いていない間にいろいろなことやっていましたが、中華カーボンについてはちゃんと書いておこうかと思って、再び書き始めました。

一部では某有名ブランドのOEM元の工場で生産されたとか、これは完全に偽物フレームだとか、いろいろ話題になりやすい中華カーボン(中国製のカーボンフレーム)ですが、自分で買ってみないとわからないので思い切って買ってみました。

結論から言うと、まぁ上出来なのではないかと思っています。
ただいろいろとトラブルがあり、購入→組み立て→乗り出しまでなんと約5ヶ月もかかりました。
この件は他のポストで書こうかと思っていますが、簡単に説明すると

1.メーカーに直接連絡し、カーボンフレーム(R869)を注文。PayPalで支払。

2.無事にフレームが届いたけど、精度が低く、表面に欠けがある商品が届く。

3.クレームを入れ、返品を申し立てる。

4.中国の税関で法外な税金をかけれらたため、メーカーが受け取り拒否

5.手元の戻る

6.Invoiceを書き直して、再度返送。

7.今度は中国税関が輸入拒否

8.再度手元に戻るが、付属品のシートポストがなくなる

9.郵便局に欠品があると伝える

10.メーカーにこのやり取りの間で欠品が出たことを伝える

11.返品をあきらめる

12.これでは自転車に乗れないので、仕方なく新しい(別モデルの)フレームR872を注文

13.無事に到着!!

14.ほかのパーツを取り寄せ組み立て

15.欠品パーツが到着

16.ヤフオクで難ありフレームを無事に処分

17.新しいフレームの組み上げが終わり、無事に乗り始める。

18.細かくパーツを変えながら、260km走る←今ここ

最初に買ったフレームが運悪く不良品で、また税関の関係で返品ができなかったことが時間がかかった原因かと思います。
幸いにも不良品フレームはヤフオクでジャンク扱いにも関わらず、購入金額と大して変わらない金額で処分でき、また新しいフレームには特に問題がなかったため、現在までに無事に乗れている状態です。

出来上がったロードバイクはこんな感じ
TOP FIRE R872(サイズ:48cm)
TOP FIRE R872 48cm

シートポスト、サドル、フレーム、ホイールは3Kのマッド仕上げのカーボンになります。
アルミピストフレームからの乗り換えでしたので、当然乗り出しも軽く、ショックの吸収性は格段に違います。
中華カーボンなので、見ての通り黒でものすごく地味ですが、気に入っています。

次回からは中国のメーカーとのやりとりを詳しく書いていきます。

サイクルコンピュータ CATEYE CC-RD300W

こんにちは、ジンです。寒くて自転車に満足に乗れていません(苦笑)

去年の年末にWiggleから購入していた、サイクルコンピュータ CATEYE CC-RD300Wのことでも書いておきます。

DODICI SPECIALとKUOTA Kharmaにも装着しているのですが、DODICIの方に装着しているのは珍しいイエローバージョン。日本ではこの色は購入できないようです。しかもWiggleでももう在庫がない様子。

海外では赤いバージョンやら水玉など、多数のカラーリングが存在しているらしいです。日本で見かけるのは、黒と白とピンクだけなのでしょうか?

CATEYE CC-RD300W Yellow

購入価格5450円。日本の定価で買うよりは遥かに安いですが、Amazonで買うよりちょっと高いです。この色がほしかったのでまぁ良しとします。

CATEYE CC-RD300W

こっちはKUOTAに装着している通常の色のCC-RD300W。このモデルは3回目の購入で、Tokyo Bike乗っているときから装着していますが、シンプルで使いやすいです。僕は時速と走行距離だけ分かればそれで十分なので、この商品に満足しています。それにワイヤレスなのでケーブルの取り回しのことも考えなくていいですし。

中学生の時はサイクルコンピュータを自転車に装着している同級生が異常にうらやましかった記憶がありますが、ワイヤレスのサイクルコンピュータが5000円程度で買えるようになる時代が来るとは思いませんでしたね。

CATEYE CC-RD300W

http://www.cateye.com/jp/products/detail/CC-RD300W/

最近の自転車置き場の様子↓
KUOTA KharmaとDODICI SPECIAL

サドル San Marco Aspide Racing Team Edition

こんにちは、ジンです。

今日はサドルのお話。自転車にまたがる重要な部分であるので、毎回真剣に選ぶ重要なパーツでもあります。DODICI SPECIALには、San Marco Aspide Racing Team Edition(2010年Version)を選びました。

実際に乗って試したわけではなかったのですが、結果的には大成功といった感じです。DODICIのフレームにはこの派手なデザインのサドルをどうしても合わせたかったというのが本音なのです。スポンジがほとんどないのでかなり硬いのですが、別にお尻が痛いという感じもないです。それに重さも160gと超軽量ですし。

2ヶ月も待って海外から取り寄せた甲斐がありました。2011年Versionはすぐに手に入るのですが、2010年バージョンのデザインが欲しかったため、かなり探しました。ちょっと前まではお店に普通に売っていたものだったのですが、2011年の10月ごろから急に見かけなくなり、国内のいろいろなサイトを探しても入手ができなかったのです。何十時間もGoogleを使って検索して、ようやっとPLANET Xに在庫があるのを発見しました。国内価格の40%OFFぐらいで手に入れることが可能です。

San Marco Aspide Racing Team Edition
San Macro Aspide Racing Team

前のMASI COLTELLOには、組み立て当初は白いサドルが欲しかったためお店に発注し、fi’zi:k ARIONE CX K:ium TEAM EDITIONを装備していましたが、30cmもある長さと、デニムを履いた時の色移りがひどいため、San Marco Ponza Power(Black)に変更したのでした。僕はやっぱり、San Marcoの方が乗り心地もデザインも好きです。

もう一台の愛車であるKUOTAのKharmaにもこのPonza Powerが標準で装備されています。

San Marco Ponza Power
San Macro Ponza Power

fi’zi:k ARIONE CX K:ium TEAM EDITION(わかりづらくてすみません)
fi’zi:k ARIONE CX K:ium TEAM EDITION

 

自転車パーツ海外通販体験記「Chain Reaction Cycles」編

こんにちは、ジンです。

「Planet X」、「Wiggle」と続いて、今回は「Chain Reaction Cycles」についてレビューでも書こうかと思います。
「Chain Reaction Cycles」もイギリスのサイトになります。

Chain Reaction Cycles

URL:http://www.chainreactioncycles.com/
国:イギリス
日本語対応:○

商品購入後から約10日で到着しました。Wiggleと比べると1,2日だけ遅れるぐらい。国内の配達は日本郵便。

品揃えに関して言えば、Wiggleの方が多いように思えますが、僕の場合はWiggleで取り扱ってないものを購入するのに使用するような位置づけです。

Chain Reaction Cyclesのパッケージ

上の写真はタイヤ2本とヘッドセットやステム下のスペーサーを購入した時のもの。小物はクッション性のある封筒にしっかり入れてくれていました。ここはWiggleとの大きな違いかな。梱包はWiggleに比べると丁寧な感じがします。

自転車パーツ海外通販体験記「Wiggle」編(裏技あり)

こんにちは、ジンです。

前回の「Planet X」に続き、自転車パーツの個人輸入レビューを書きます。
今回はイギリスの「Wiggle」です。

Wiggle

URL:http://www.wiggle.co.uk/
国:イギリス
日本語対応:対応済み

言わずと知れたWiggleって感じはありますね。自転車パーツと言えばWiggleと言っても過言でないぐらい。Googleでパーツを検索してもWiggleの日本語のサイトが引っかかってくるほどです。

商品数も多いですし、僕の欲しい商品の6割はちゃんと置いてある。年間で購入した金額が特定額を超えると割引される制度があったり、バウチャー(クーポン)も頻繁にある(トップページに表示されている)ので、安値で買えてる実感はものすごくある。

在庫があれば納期も7~10で間違いなく日本に届くし、何よりサイトが日本語対応されているので安心して買えます。ちなみに国内の配達は日本郵便になります。

納期も短く、安値で購入できるので頻繁に使っていますが、デメリットもあります。

梱包が雑です。

Wiggleから送られてきた箱の中身

見ての通り、箱から開けたら商品がパッケージから飛び出していました。このケースは何度もあります。パッケージに対して異常に大きい箱で送ってくるのですが、緩衝材も少ない状態です。商品同士が接触し、傷だらけになっていました。

まぁ弁解するつもりはありませんが、Wiggleは返品対応がしっかりしていて、こちらからEMSで商品を送り返した場合、4日で送料と商品代が返金されました。この辺の対応は評価できます。

その後同じ商品をオーダーした際には日本語と英語で備考欄に「パッケージをテープで固定して!!」と書いたら、ちゃんと対応してくれました。

詳しくは過去の日記をご覧ください

日本の価格の半額でパーツが買えたりする場合もありますし、ヘタなサイトから購入するよりも納期が早いですし、Wiggleは今度も利用すると思います。

さてここからはタイトルにも書きました「裏技」です。ちょっとでも安く買いたい場合はサイトの右上にあるインターナショナルオプションの設定を変更してみましょう。価格表示の欄を「JPY 日本円」から「GBP イギリスポンド」に変更しておきます。

インターナショナルオプション

カードで決済する場合は、日本円ではなくポンド建てで決済することが可能で、この円高ポンド安の時期ではほんのちょっとながら日本円建てで決済してしまう場合よりも安く決済できます。

例えば、73,755円のホイールを買う場合、上の裏技を使うと559ポンドになりますが、現在の為替価格(2011/12/20の仲値は125.09円)で処理すると、69,925円になります。ポンド建てで決済すると後日この69,925円がカードで処理されるのです。約4000円も節約できます。いつまでこの方法が使えるかは分かりませんが、僕は相当この方法で得しました。あくまでも自己責任でやってください。

自転車パーツ海外通販体験記「Planet X」編

こんにちは、ジンです。

最近自転車パーツを海外から通販で購入していたので、レビューでも書こうかと思います。
今回はイギリスの「Planet X」について書こうかと思います。

Planet X

URL:http://www.planet-x-bikes.co.uk/
国:イギリス
日本語対応:未対応

10月27日にサンマルコのサドル、10月30日にホイールセットを購入。支払いは両方ともPaypal。
ホイールは11月10日に到着ましたが、サドルの方は昨日(2011年12月6日)届きました。納期1ヶ月は少々痛い。
2つの商品で納期に大きな差が出たのは、サドルの方が途中で行方不明になったからです(笑)

以下1ヶ月の内容↓

10月27日商品購入

次の日に商品発送時に送られてくる自動メールを受信

Planet Xに11月20日の段階で荷物が届いていないので調査してほしいと依頼メール送信

数時間後に「すぐに調べる」と返信が来る

3日後になっても何も言ってこないので、商品を発送しなおしてくれとメールをする

数時間後に「発送しなおした」と担当からのメールと商品発送時に送られてくる自動メールを受信

ようやく商品到着

Planet Xから来た荷物

何とか届いたからいいものの、これでは不安になってしまいますね。

商品については、ホイールの方もブレがなくちゃんと使えそうです。
オリジナル商品の充実や、日本ではもう在庫がないようなサンマルコのサドルも手に入ったりといいところもあります。
カーボン製の商品は中華カーボンのようだと噂に聞いていますが。
ちなみに国内の配達は日本郵便になります。

ハンドル DEDA PISTA 31 Track Bar

こんにちは、ジンです。今日もピストバイクののハンドルの話。

前回の日記で「Cinelli Pista Handle bar」について書きましたが、今回は「DEDA PISTA 31 Track Bar」について書きたいと思います。価格も非常に近いので比較するにはちょうどいいかも知れませんね。

DEDA PISTA 31 Track bar

DEDA PISTA 31 Track bar DEDA PISTA 31 Track ber - center
幅(外-外):420mm
ドロップ:173mm
リーチ:109mm
クランプ径:31.7mm
材質:6061 T6 アルミ
重さ:280g

ピスト乗りの方でこのハンドル知らない人いないんじゃないかっていうぐらい有名なハンドルですね。表面の塗装はパウダーみたいにザラザラな(クリアーを塗装していない感じの)状態になっています。径は31.7mmというサイズになっていますが、実際には31.8mmのステムに対応しています。

で、Cinelliの方。

Cinelli Pista Handle bar

Cinelli Pista Handle Bar 40cm Alu

幅(C-C):400mm
ドロップ:160mm
リーチ:112mm
クランプ径:31.8mm
材質:6061 T6 Double butted Al Alloy
重さ:330g(420mmモデルの重さ)

表面はアノダイズド処理なので、DEDAのザラザラ感とは全く違うザラザラ感なんですよね(笑)これも好みが分かれそうな点です。

カタログ値だけではピンと来ないと思いますので、並べて写真撮りました。

DadaとCinelliのピストハンドル比較 上から DadaとCinelliのピストハンドル比較 横から

DEDAの方は外-外で420mmで、CinelliはC-Cで400mmなのですが、写真でもわかるとおり実際にはDEDAの方がエンドの部分の幅が狭いのですが、にぎる部分(フロント部)の幅は両方とも一緒でした。

DEDA
フロント部:420mm(外-外)
エンド部:420mm(外-外)

Cinelli
フロント部:420mm(外-外)
エンド部:430mm(外-外)

あとひとつ、ドロップもDedaとCinelliではカタログ値では13mm違うことになっていますが、実際にはそんなに違って見えないです。DEDAのサイズはすべて外-外で計算しているのだろうか?リーチに関しても同じことが言えそう。

両者とも微妙なサイズの違いや重さの違いはありますが、装着時のイメージにはそんなに違いがなさそうです。