カテゴリー別アーカイブ: iPhone

Apple Payで JAL Card Suicaの「Suica」が登録できない

こんにちは、ジンです。

iOSも10.1にアップデートし、今朝からiPhone 7でSuicaの登録をしていますが、うまくいかないです。

手持ちのクレジットはJAL Card Suicaです。いわゆるクレジットカードとSuicaが一緒になったカードです。

クレジットカードとしては問題なく登録でき、クイックペイのカードとして認識されたようです。後ほどコンビニ行って試そうと思います。

期待していたSuicaの登録ですが、カード裏面のSuica番号下4桁を入力し、カードの下半分を隠す用にiPhoneを置いても失敗します。

Suicaの登録はこのクレジットカード上のSuicaではだめなのかな? もう一枚別のSuicaを用意すれば、このクレジットカードからもオートチャージできるのでしょうかね?

また調べて続報書きます。

【MVNO SIM】b-mobileの高速定額が遅すぎたので、IIJmioライトスタートプランに乗り換えた話

こんにちは、ジンです。また久しぶりの更新になりました(笑)

今回は何かと話題に上がるSIMカードの話。MVNOのSIMは一体どこがお得なんだとか、どこが安定して速いのかという話題で色々なサイトで盛り上がっていますよね。まぁ便乗するつもりはないんですが(笑)、複数のSIMを使う機会に恵まれたので、記録のためにも書いておこうかなと。

メインで使っているiPhone 6Sはソフトバンクの5GBプランで運用していたのですが、iPad Proとのデータシェアと、外でのYoutubeの閲覧が原因であっという間にパケットを使い果たしてしまうことが増えてしまいました。

そこでb-mobileの高速定額とモバイルルーター(NETGEAR AirCard 785S)を購入して、これでパケット使い放題だぁーなんて思っていたのですが、案の定、低速定額って感じの通信速度でした…。

同じb-mobileでも、おかわりSIM 5段階とかはもう少し速度が出ています。というか全然速度が違う。

たまたまIIJmio(BIC SIM)のプリペイドパックが手元にあったので、一応速度測ってみました。

■使用端末
・Apple iPhone SE 16GB SIMフリー版
・NETGEAR AirCard 785S(モバイルルーター)

テストは各環境2回やりました。時間は土曜日の朝9〜10時。本当は複数の時間帯でやったほうがいいのかなと思いましたが、めんどくさいので(笑)
場所は東京都と埼玉県の県境付近にある自宅内からです。

ではまず、自宅のSoftBank光のWi-FiルータにiPhone SEを接続してみます。

■iPhone SE + SoftBank光 Wi-Fi環境
iPhone SE + SoftBank光 Wi-Fi 1回目

iPhone SE + SoftBank光 Wi-Fi 2回目

1回目:PING 7ms / ダウンロード 77.84Mbps / アップロード 152.34Mbps
2回目:PING 8ms / ダウンロード 45.51Mbps / アップロード 120.00Mbps

まぁ、当然の結果ですね。
では次にiPhone SEに挿入しているb-mobile おかわりSIM 5段階の速度をご覧ください。

■iPhone SE + b-mobile おかわりSIM 5段階(モバイルルーターなし)
iPhone SE + b-mobile おかわりSIM 5段階 1回目

iPhone SE + b-mobile おかわりSIM 5段階 2回目

1回目:PING 34ms / ダウンロード 14.21Mbps / アップロード 12.68Mbps
2回目:PING 24ms / ダウンロード 24.47Mbps / アップロード 11.15Mbps

この速度なら、問題ないのでは?という感じでしょうか。
すでに3ヶ月以上使っていますが、メインで使用しているSoftBank回線のiPhone 6Sと比べてもストレスがないレベルです。

次にこのiPhone SEにNETGEAR AirCard 785S(モバイルルーター)+ b-mobileの高速定額SIMを挿入した状態での測定値です。

■iPhone SE + b-mobile 高速定額(モバイルルーター経由)
iPhone SE + b-mobile 高速定額(モバイルルーター経由) 1回目

iPhone SE + b-mobile 高速定額(モバイルルーター経由) 2回目

1回目:PING 82ms / ダウンロード 0.48Mbps / アップロード 1.03Mbps
2回目:PING 37ms / ダウンロード 0.68Mbps / アップロード 8.56Mbps

ものすごく遅いです。この回線をモバイルルーターと一緒に使用して2ヶ月ぐらい経ちましたが、正直使い物にならんといった感じです。
時間帯にもよりますが、ローディングに若干の時間はかかりながらもYoutubeを閲覧することができました。ですが、基本的にはフェイスブック見るのも、ニュースサイト見るのもしんどいです。特記することがあるとすれば、北海道の田舎に使用した際に、昼間の時間帯に下り速度が8Mbpsを超えていたことです。田舎に行けば帯域の取り合いにならないのかも。

■iPhone SE + IIJmio プリペイドSIM(モバイルルーター経由)
iPhone SE + IIJmio プリペイドSIM(モバイルルーター経由) 1回目

iPhone SE + IIJmio プリペイドSIM(モバイルルーター経由) 2回目

1回目:PING 46ms / ダウンロード 2.89Mbps / アップロード 11.93Mbps
2回目:PING 48ms / ダウンロード 3.74Mbps / アップロード 10.66Mbps

この速度なら、通常使用は問題ないって感じです。フェイスブックもニュースサイトもストレスなく見ることができます。なんか安心しました。同じdocomo系のMVNOでも会社やサービスプランが変われば、全然違う感じですね。

上記の結果を受けて、先ほどb-mobileの高速定額はその場で解約してきました(笑) 解約金が発生しないのであっさりしたお別れでしたね。
それと同時に、IIJmioの契約をプリペイド式から月額プランに契約変更しました!! 契約変更も自宅からインターネット経由ですぐにできてしまうのは本当にありがたいです。
プリペイドと月額プランで差がないか念のため計測しましたが、大丈夫なようです。

■iPhone SE + IIJmio ライトスタートプラン(モバイルルーター経由)
iPhone SE + IIJmio ライトスタートプラン(モバイルルーター経由) 1回目

iPhone SE + IIJmio ライトスタートプラン(モバイルルーター経由) 2回目

1回目:PING 48ms / ダウンロード 4.44Mbps / アップロード 11.49Mbps
2回目:PING 39ms / ダウンロード 3.64Mbps / アップロード 9.73Mbps

ライトスタートプランはつい最近、データ量が5GB→6GBに増量されたようなので即決でした。
もともと利用していたb-mobile高速定額は、1,980円/月(税別)で使い放題ではあるものの回線があまりに遅く、月に1.5GB程度しか使用していなかったので、1,520円/月で6GB使えるIIJmioの方が自分の利用シーンには合っているという判断をしました。

また1ヶ月ぐらいたったらIIJmioの感想でも書きます。

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルム for iPhone5 PJK-01

こんにちは、ジンです。iPhone 5をゲットして2週間経ちましたが、ようやっと待ち焦がれて商品が発売されました。

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルム for iPhone5 PJK-01

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルム

他のメーカーの液晶保護シートは、発売直後のせいか、ホームボタンの下までしっかり保護されているものがほとんどないです。この間買ったTUNEWARE eggshellというiPhone 5用ケースに付属していた保護シートもホームボタン周りまでしっかり保護されていましたが、なんか満足していなかったんですよね。

で、iPhone 3Gの時から使用しているPOWERSUPPORTの保護シートを今回も使おうと意気込んでいたのですが、ここのメーカーは新機種が出てから最短でも一週間経たないと保護シートを発売しない。iPhone 3G→iPhone 3GSとかiPhone 4→iPhone 4Sになる時はシートの寸法がそのままなので、新機種発売日から購入できますが、今回iPhone 5のようなモデルチェンジですと、発売までに時間がかかるようです。

とは言え、このメーカーのシートは出来が違う。クオリティーが半端なくいいので、ホームボタンの位置に合わせてシートを貼ると、結果的に電話のスピーカーの穴の位置とずれるといったような問題は無いですし、それにめちゃくちゃ気泡が入りづらい! 遅れてきただけあって精度は抜群!

POWER SUPPORT 正規品ビューワー

最近ではこのメーカーの模造品がたくさん市場に出まわているらしく、ついにはパッケージにホログラムが付く始末。僕はちゃんと正規品を買っているので、ホログラムビューワーで、ロゴも確認できます。

正規品証明

以下の写真はシートを貼った直後の写真ですが、何の違和感もなく貼ることができます。前回まではノングレア(非光沢)のものを使用していましたが、今回からはグレア(光沢)のタイプを使用しました。やっぱり黒がきれいに映ります。

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルムをiPhone 5に貼った

http://pawasapo.co.jp/products/iphone/pjk01.php?category=iphone_5

iPhone 5買ったら側面に傷があった→即交換→傷あるじゃん!!

こんにちは、ジンです。

僕も例に漏れず、先週iPhone 5を手に入れることができました。64GBの黒になります。そんな喜びもつかの間、至る所で聞いていた黒モデルにあるという傷が僕のiPhone 5にもありました

機種変更時にお店でテンションあがっていたので全く気づきませんでしたし、いつも店員さんと行うはずの外装の確認も今回は行わなかったので確認できなかったのですが、家について箱から開けたときにはすでに傷があったので最初からあったのでしょう。

iPhone 5 黒モデルの傷

気にならないといえばそうなのですが、自分がつけた傷ではないのでなんか腑に落ちませんでした。購入店に電話したら「商品引き渡し後なので… Softbankショップに聞いてください。」と。そしてそのSoftBankショップに電話したら「うちで販売したものではないし、そもそもAppleStoreに聞いてください。」と(笑)

結局たらい回しの結果、AppleStoreに電話して状況を説明し、Genius Barの予約を入れました。

19:40に予約を入れましたが、対応が始まったのが20:30。いつ行っても時間通りに呼ばれたことはないですね。

事前に電話で状況は伝えていましたので、すぐに交換の手続きに移りました。ここはやはりAppleの神対応と言ったところでしょうか。

で、新しいiPhone 5を箱から出してきたのですが、それが残念なことにまた傷がある…。

こんなに高確率で傷物に出会うなんてっ!!(苦笑)ちなみにGeniusも言っていましたが、黒モデルはやはりこの手の問題が多数起きてるようです。白モデルでは皆無なんですって。

さすがに僕も「今から白に交換できませんか?(半笑)」って聞いたら、速攻「無理です…(苦笑)」って感じになりました。そりゃそうですよね。

結局さらに新しいiPhone 5をバックヤードから出してもらうことになったのですが、箱を開けるときにGeniusが「これにも傷があった場合はあきらめてもらうか、パーツオーダーをかけて修理の対応になります。」と言ったので、一瞬心配になりましたが、新しいiPhone 5には傷はなく無事にAppleStoreから帰ることができました。

僕の周りでiPhone 5の黒を購入した人が3人いましたが、傷は無かったそうです(爆笑)

この傷の問題を今後どのようにAppleが対応するのか気になります。

iOS6移行後のMMS設定(Softbank)

こんにちは、ジンです。iOS5の時もそうでしたが、iOS6にしても同様の設定が必要なので書いておきます。

iOS5のときの設定はこちらをご参照ください。
http://blog.jinkimura.com/2011/10/16/ios5移行後のmms設定(softbank)/ 

iOS5からiOS6にそのままアップデートした場合は設定情報がそのまま引き継がれるので、あまり気にしませんでしたが、iTunesから復元する場合や、今回iPhone 5を購入して新規のiPhoneとして利用する場合はこの設定が必要になります。お店の店員さんもここの設定はしてくれません。

MMSってなんぞや?って人のために一応説明。

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)はSMS(ショートメッセージサービス)の拡張版で、他社の携帯にはもちろん、PCなどにもEメールが送れます。

 

設定方法は以下のようになります。

ホーム画面から「設定」→「メッセージ」→一番下の「MMSメールアドレス」の欄に自分の「〇〇〇〇〇@softbank.ne.jp」のアドレスを入力。

ホーム画面の「設定」「設定」→「メッセージ」「メッセージ」の「MMSメールアドレス」に自分のアドレスを入力

以上になります。

iOS 6 新しいマップAppで2拠点検索で移動手段を電車にすると他のAppが起動

こんにちは、ジンです。昼休みに日記書いてます(笑)

僕のiPhone 4SをiOS 6に入れ替えていろいろ試してる最中です。

前々からGoogleマップではなく自前のマップAppをプリインストールするとアナウンスしていた通り、全く新しいマップAppになっていました。

見慣れていたGoogleマップから比べるといろいろ違和感がありますが、ナビゲーションが便利になったので、好感は持てます。まぁすぐに慣れるだろうと。

朝電車の中でナビゲーションがどうゆう風に動くのか知りたくて、二拠点でのルート検索を行ったところ、マナーモードになっているにも関わらず、スピーカーからSiri子さんの声でナビゲーションされた時は流石に焦りました(笑)ホームボタン押しただけだと音声はそのまま流れ続け、Appを終了するか、ルート検索を停止しないとSiri子さんがしゃべり続けるようです。

車や徒歩の場合は特に問題ないのですが、移動手段を電車に変えてルート検索すると、他のAppを起動するかインストールするように促されてしまいます。

20120920-123109.jpg20120920-123142.jpg

そして、僕がインストールした「駅すぱあと」の仕様だとは思いますは、二拠点の情報は転送されるものの、地図などは表示されないので、Googleマップに比べてしまうとかなり劣った印象を持ってしまいます。そもそも他のAppが起動するのが面倒くさい。

試しに「自転車ナビ」でも試しましたが、現在位置が取得できず検索できませんでした。そもそも自転車ナビ選んだ時点で電車になんか乗らる気がないですよねw)

アメリカ本国だとこの辺はマップAppだけでちゃんとナビゲーションしてくれるのでしょうか?

Appleさんへの対応を期待してます。

iOS 6 「Passbook」が現在使えない??

こんにちは、ジンです。iOS 6にアップデートして2時間あまり経過し、いろいろな機能を試しています。

しかしながら20日8時30現在、Passbookが使えない状態のようです。

Passbook は各種のチケットやクーポン、会員カードなどを iOSデバイス上でまとめて管理するアプリです。

ホーム画面のPassbook

Appを起動して、App Storeボタンを押すと「iTunes Storeに接続できません」と表示され全く使えない状態になります。

iOS 6 Passbook 起動後画面iOS 6 Passbook iTunes Storeに接続できません

iOS 6 アップデート手順(iPhoneから)

こんにちは、ジンです。iPhone 5の発売前日である本日午前2時より、iPhone、iPad、iPod touch向けのOSである「iOS 6」がダウンロード可能となりました。

先ほど僕もアップデートを無事に終えましたので、簡単に手順などを書いていこうかと思います。ちなみに所要時間10分と書かれていましたが、サーバが込んでいたのか30分程かかっています。僕の環境だけかもしれませんが。

まずは対応しているデバイスは以下です。

iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4S
iPhone 5
iPod touch(第4世代)
iPod touch(第5世代)
iPad 2
新しいiPad

ついに一番最初のiPad(第1世代)が切り捨てられてしまいましたね。ちょっと残念。
今回のアップデートの主な新機能は

・マップ
・Siriの向上
・Facebookの統合
・共有フォトストリーム
・Passbook
・FaceTimeの向上
・電話機能の向上
・メールの向上
・Safariの向上
・App StoreおよびiTunes Storeの向上
・Game Centerの向上
・アクセシビリティの向上
…などなど。

詳しくはhttp://www.apple.com/jp/ios/whats-new/でご確認ください。

ではアップデート手順です。アップデートを行う前に万が一に備えてiCloudやiTunesを使ってデータのバックアップをとっておきましょう。

1.ホーム画面から「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から「ダウンロードしてインストール」を選択します。
iOS 6 アップデート

2.利用条件に同意します。
iOS 6 利用条件

3.ダウンロードが開始されます。
iOS 6 ダウンロード中

4.ダウンロード終了後に今インストールするか聞いてきますので、10秒待つか、「インストール」を選択します。後でインストールしたい人は「後で」を選択します。
iOS 6 インストール確認

5.アップデートの検証作業を開始した後、iPhoneが自動的に再起動されます。
iOS6 アップデートを検証

6.リンゴマークの下にステータスバーが表示され、インストール作業を行います。
インストール中

7.再起動後、「iOS 6」と表示されるので「設定」スライドした後、アップデート完了画面が表示されますので、「続ける」を押します。
iOS 6 設定iOS6 アップデート完了

8.利用規約の同意、位置情報の設定、Apple IDの設定、メッセージの設定を行います。
iOS6 利用規約iOS6 位置情報の設定iOS6 Apple IDの設定iOS6 メッセージの設定

9.すべての設定が終わった後「iPhoneを使う」を押します。
iOS6 iPhoneを使う

10.これで無事に使える状態になります。
iOS 6 ホーム画面

11.念のため、ソフトウェア・アップデートの画面と情報から間違いなくアップデートされていることを確認します。
iOS 6 バーション情報

 

マップなど新しいAppも試しましたが、結構使い勝手がかわったようですね。

個人的には設定項目にある「おやすみモード」が非常に気になります(笑)簡単にいうと着信拒否モードのようですね。指定した時間帯だけ、着信拒否することや、指定した人だけ着信可能にしたりできる便利な機能です。iOS 6はiOS 5以前のものと比べて電話機能が本当に向上したなと思います。
iOS 6 おやすみモード

次回はアップデートされた機能を具体的に試していきたいと思います。

【iPhone 5】予約してきました!! 写真とか懸念事項とか

こんにちは、ジンです。iPhoneのことで日記書くのしばらくぶりです(笑)

水曜日に発表になったiPhone 5ですが、昨日無事に最寄りの電気屋で予約することができました。

iPhone5 予約成功

今回もSoftbankでの機種変更扱いで予約を行いましたが、例のごとく予約サーバーはどうやら落ちてしまったようですね。すぐに復旧しその後はスムーズに予約ができたみたいです。14日20時の段階でSoftbankショップはまだ予約を続けており、15日中でも予約を受けつけるとのことです。まぁいつ在庫が切れるかわかりませんが。Softbankのオンラインショップでも予約も受け付けていたようですね。ただしこちらは発売日に手に入らないと身内から情報をもらいました。

auのiPhoneはテザリングができると正式にアナウンスしてますが、Softbankの対応はまだなんでしょうか? きっと孫さんならなんとかしてくれると信じていますが。けど対応しちゃうと買ったばっかりのe-mobileのLTEが必要なくなる…。2年縛りの契約したので下手に解約できないのですよ。

実質負担額も月々860円(64GBモデルの場合)なので大変お求めやすい価格ですが、同時にiPhone 4S購入時に適応された月月割が効かなくなるので、2800円+860円を支払う状態になります。これでも僕は十分に安いと思うのです。もし月賦金額が気になるのなら、Softbankが発表したiPhone下取りキャンペーンで12000円を浮かせるという方法もあるのですが、間違いなくヤフオクで売った方が倍以上の値段で売ることができます。

アップルのバッテリー交換プログラムを適用して、iPhone 4Sを新品状態にして売ればかなりの金額になることは必至なので、下取りよりはリスキーですが確実にiPhone 4Sの残りの金額を清算できそうです。

今回からSIMの仕様がMicro SIM→Nano SIMに変更になったので、iPhone 5に機種変してNano SIMにしてしまうと、そのままではiPhone 4Sでは使えなっくなってしまいます。もうすでに変換アダプタが発売されていますが、これがまだ正常に動くかわかりません。ちなみにAppleが「カットされたSIMは認識しない」声明を出したということで、ドコモのSIMが使える可能性が格段に低くなってしまいました。

まぁ、しばらくはiPhone 5と4S併用しそうなのでアダプタは買っておくことにします。

NanoSIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット For iPhone 5 4S 4 NanoSIM→SIMカードorMicroSIM MicroSIM→SIMカード
価格:680円(税込、送料別)

あとケースも既に発注しています。

☆NEW☆【クリア発売中/他は9月下旬発売】eggshell for iPhone 5【ポイント10倍】

☆NEW☆【クリア発売中/他は9月下旬発売】eggshell for iPhone 5【ポイント10倍】
価格:1,980円(税込、送料別)

一足先に、iPhone 5の写真をお楽しみください(笑)身内が怪しいモックを手に入れました(苦笑)正式発表後のスペックを見ても決してかけ離れたものとは思えないので、十分に参考になるかと思います。

上から
iPhone 5 上部

iPhone 5と4Sの比較 側面
iPhone 5と4Sの比較 側面

iPhone 5と4Sの比較 上部
iPhone 5と4Sの比較 上部

iPhone 5と4Sの比較 薄さ
iPhone 5と4Sの比較 薄さ

iPhone5 ホームボタン
iPhone5 ホームボタン

iPhone5 背面
iPhone5 背面

PCのスピーカーからiPhoneの曲をWi-Fi経由で流す(Windows 7編)

こんにちは、ジンです。久しぶりにiPhone関係のネタで日記を書きます。

過去に「PCのスピーカーからiPhoneの曲をBluetooth経由で流す(Windows 7編)」というポストをしたときに結構反響があったようで、今回はBluetoothじゃなくてWi-FiでPCから音を流す方法を書きます。

今回は難しい設定は一切なしで、ソフトをダウンロードしてインストールするだけ。Windows版のAirPlayエミュレータソフトの「Shairport4w」を使います。

前提条件はPCとiPhoneが同じネットワークにいることぐらい。僕の環境ではすでにiTunesをインストールしていたので、あらかじめPCにiTunesを入れておく必要があるかどうかはわかりません。

まずはここからダウンロードして、解凍した後にShairport4w.exeを起動するだけ。立ち上げた後は特に設定を変えなくてもOK。

Shairport4wを起動

Shairport4wの画面

あとiPhone側は「ミュージック」から聞きたい曲を選んで、再生ボタンの近くにあるAirPlayボタンを押して、「Shairport4w」を選べば、PCから曲が流れ始めます。

iPhoneのAirPlayアイコンをタップ

iPhoneのAirPlayからShairport4wを選択する

もしiPhoneにAirPlayのアイコンが表示されない場合はiPhoneのミュージックを一回落として、再立ち上げするか、PC再起動してShairport4wを起ち上げればうまくいくはずです。