「iPod touch」カテゴリーアーカイブ

iOS 6 新しいマップAppで2拠点検索で移動手段を電車にすると他のAppが起動

こんにちは、ジンです。昼休みに日記書いてます(笑)

僕のiPhone 4SをiOS 6に入れ替えていろいろ試してる最中です。

前々からGoogleマップではなく自前のマップAppをプリインストールするとアナウンスしていた通り、全く新しいマップAppになっていました。

見慣れていたGoogleマップから比べるといろいろ違和感がありますが、ナビゲーションが便利になったので、好感は持てます。まぁすぐに慣れるだろうと。

朝電車の中でナビゲーションがどうゆう風に動くのか知りたくて、二拠点でのルート検索を行ったところ、マナーモードになっているにも関わらず、スピーカーからSiri子さんの声でナビゲーションされた時は流石に焦りました(笑)ホームボタン押しただけだと音声はそのまま流れ続け、Appを終了するか、ルート検索を停止しないとSiri子さんがしゃべり続けるようです。

車や徒歩の場合は特に問題ないのですが、移動手段を電車に変えてルート検索すると、他のAppを起動するかインストールするように促されてしまいます。

20120920-123109.jpg20120920-123142.jpg

そして、僕がインストールした「駅すぱあと」の仕様だとは思いますは、二拠点の情報は転送されるものの、地図などは表示されないので、Googleマップに比べてしまうとかなり劣った印象を持ってしまいます。そもそも他のAppが起動するのが面倒くさい。

試しに「自転車ナビ」でも試しましたが、現在位置が取得できず検索できませんでした。そもそも自転車ナビ選んだ時点で電車になんか乗らる気がないですよねw)

アメリカ本国だとこの辺はマップAppだけでちゃんとナビゲーションしてくれるのでしょうか?

Appleさんへの対応を期待してます。

iOS 6 「Passbook」が現在使えない??

こんにちは、ジンです。iOS 6にアップデートして2時間あまり経過し、いろいろな機能を試しています。

しかしながら20日8時30現在、Passbookが使えない状態のようです。

Passbook は各種のチケットやクーポン、会員カードなどを iOSデバイス上でまとめて管理するアプリです。

ホーム画面のPassbook

Appを起動して、App Storeボタンを押すと「iTunes Storeに接続できません」と表示され全く使えない状態になります。

iOS 6 Passbook 起動後画面iOS 6 Passbook iTunes Storeに接続できません

iOS 6 アップデート手順(iPhoneから)

こんにちは、ジンです。iPhone 5の発売前日である本日午前2時より、iPhone、iPad、iPod touch向けのOSである「iOS 6」がダウンロード可能となりました。

先ほど僕もアップデートを無事に終えましたので、簡単に手順などを書いていこうかと思います。ちなみに所要時間10分と書かれていましたが、サーバが込んでいたのか30分程かかっています。僕の環境だけかもしれませんが。

まずは対応しているデバイスは以下です。

iPhone 3GS
iPhone 4
iPhone 4S
iPhone 5
iPod touch(第4世代)
iPod touch(第5世代)
iPad 2
新しいiPad

ついに一番最初のiPad(第1世代)が切り捨てられてしまいましたね。ちょっと残念。
今回のアップデートの主な新機能は

・マップ
・Siriの向上
・Facebookの統合
・共有フォトストリーム
・Passbook
・FaceTimeの向上
・電話機能の向上
・メールの向上
・Safariの向上
・App StoreおよびiTunes Storeの向上
・Game Centerの向上
・アクセシビリティの向上
…などなど。

詳しくはhttp://www.apple.com/jp/ios/whats-new/でご確認ください。

ではアップデート手順です。アップデートを行う前に万が一に備えてiCloudやiTunesを使ってデータのバックアップをとっておきましょう。

1.ホーム画面から「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から「ダウンロードしてインストール」を選択します。
iOS 6 アップデート

2.利用条件に同意します。
iOS 6 利用条件

3.ダウンロードが開始されます。
iOS 6 ダウンロード中

4.ダウンロード終了後に今インストールするか聞いてきますので、10秒待つか、「インストール」を選択します。後でインストールしたい人は「後で」を選択します。
iOS 6 インストール確認

5.アップデートの検証作業を開始した後、iPhoneが自動的に再起動されます。
iOS6 アップデートを検証

6.リンゴマークの下にステータスバーが表示され、インストール作業を行います。
インストール中

7.再起動後、「iOS 6」と表示されるので「設定」スライドした後、アップデート完了画面が表示されますので、「続ける」を押します。
iOS 6 設定iOS6 アップデート完了

8.利用規約の同意、位置情報の設定、Apple IDの設定、メッセージの設定を行います。
iOS6 利用規約iOS6 位置情報の設定iOS6 Apple IDの設定iOS6 メッセージの設定

9.すべての設定が終わった後「iPhoneを使う」を押します。
iOS6 iPhoneを使う

10.これで無事に使える状態になります。
iOS 6 ホーム画面

11.念のため、ソフトウェア・アップデートの画面と情報から間違いなくアップデートされていることを確認します。
iOS 6 バーション情報

 

マップなど新しいAppも試しましたが、結構使い勝手がかわったようですね。

個人的には設定項目にある「おやすみモード」が非常に気になります(笑)簡単にいうと着信拒否モードのようですね。指定した時間帯だけ、着信拒否することや、指定した人だけ着信可能にしたりできる便利な機能です。iOS 6はiOS 5以前のものと比べて電話機能が本当に向上したなと思います。
iOS 6 おやすみモード

次回はアップデートされた機能を具体的に試していきたいと思います。

iOS 5.1へアップデートしました! Siri子さんが日本語で対応します!!

こんにちは、ジンです。

やっぱりいろいろと発表がありましたね! 今朝方サンフランシスコで開かれた発表会で、新しい「iPad」、「Apple TV」、そして「iOS 5.1」が発表されました。「iPad3」や「iPad HD」になるなどいろいろ憶測がありましたが結局「iPad」という名前でしたね(笑)

当然既に僕はその新しいiPadの32GBを予約購入したわけですが。

それよりもやはり待ち望んでいた「iOS 5.1」。Siriで日本語が使えるようになりました!! これはものすごくうれしい。

アップデート内容は以下(Appleより引用)

このアップデートには、次のような機能向上とバグ修正が含まれています:
Siriで日本語をサポートします(初期のサービス開始時には、使用が制限されている場合があります。)
フォトストリームから写真を削除できるようになりました
iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、およびiPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットが常時表示されるようになりました
カメラの顔検出機能で検出されたすべての人がハイライトされるようになりました
iPad用のカメラAppを再設計しました
iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるように最適化しました
再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加しました
バッテリーの寿命に影響するバグを解決しました
発信側の音声が途切れることがある問題を修正しました
このアップデートのセキュリティ内容については、次のWebサイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

ということで早速アップデートしてみました。

iOS 5.1 ダウンロード

アップデート時間はダウンロード含めて15分ぐらいですかね?

念のために書いておきますが、Siriを使う前に「設定」→「設定」→「言語」のところを日本語に変えておいてください。そうじゃないと英語のまま喋り続けますよ(苦笑)

siri 日本語 設定

設定を変えて使ってみましたが、結構すんなり言うことを聞いてくれる。

siri 日本語 おはよう

僕が試したのは
1.「おはよう」と→「グッドモーニング」と返したり
2.「メール確認して」→最新のメールを表示
3.「予定を追加」→スケジュールに予定を追加
4.「リマインダー」→リマインダーに追加
を行うことができた。

なんかものすごく感動しますよ。後でいろいろ試したらまた書こうかと思います。

Siriについて詳しく
http://www.apple.com/jp/iphone/features/siri-faq.html

SoftBank SELECTION TVチューナー SB-TV01-WFPL/BK

こんばんわ、ジンです。

以前に書いたiPhone用TVチューナー、SoftBank SELECTION SB-TV01-WFPL/BKですが、身内から無事に返却されたのでちゃんと書いておこうかと思います。

SB-TV01-WFPL/BK

前回はパッケージの写真だけでしたが(笑)、今回はちゃんと本体の写真をのっけておきます。アンテナも伸びますし、USBから充電しながら使うこともできます。僕の場合はUSBポートがついているOAタップがあるのでそこから直接電源を取っています。

実際にテレビを見るには、まずiPhoneの「App Store」から「TVチューナー」というアプリをダウンロードします。
App Storeから専用アプリをダウンロード

次に無線LANの設定をします。「TVPL」から始まっているネットワークを自動で受信しますので、これを選択します。
Wi-Fi設定

このTVチューナーは他社製品と同じようにWi-Fiを使って映像を受信します。iPhoneのように3Gなどの通信回線が別にある端末であれば特に問題ありませんが、Wi-FiモデルのiPadや、iPod touchではこのTVチューナーを使用している間はネットワークにつながりません。まぁTV見ている間は同じ端末で他の作業はしないでしょうね。iPhoneの場合は、TVを見てる間でもメッセージの受信をしてくれました。

アプリを起動すると起動画面が表示され、初回起動時には本体のパスワードを設定する画面が表示されます。それと、例えば直前までiPhoneでこのTVチューナーを使用していて、その後iPadで使用した場合はパスワードの入力を求めてきます。どうやらペアリングの作業を行っているようです。そのため同時に接続できる端末は1台です。

起動画面 パスワード入力画面

設定が上手くいけば問題なくテレビが見ることができます。

以下iPhoneを横にした時のTV画面
TVチューナーの画面

国民的アニメの画面ですが、著作権の問題がありますので顔は念のため伏せておきます(笑) iPhoneの画面で見るのであれば十分という感じの画質。さすがにiPadで見ると荒が出てしまいますが。

iPhoneを縦にした時で、コントローラーを表示させた場合の画面
TVチューナーの画面(縦)

一応モザイクで伏せておきます。縦の時は字幕も見やすくていいです。コントローラーを表示しているときはワンセグのアンテナレベルと、SB-TV01-WFPL/BKのバッテリーレベルが表示されます。

電車に乗っている時も問題なくテレビを見ることができるので、結構重宝しています。
購入後約1ヶ月経って、特記しておきたいこと↓

1.すでに発売されていた「TV&バッテリー」とは違い、iPhoneへの充電には対応していない
2.TVモバイルには対応していない
3.受信レベルは高いのでは?(主観ですが)
4.持ち運ぶには便利なサイズ
5.iPhoneだけでなく、iPad、iPod touch、Android端末にも対応している
6.Wi-Fiを使うので、Wi-Fiしか積んでない端末ではTVチューナー使用中はインターネットに接続できなくなる

僕はiPadでお風呂入っている間に使っていますが、本当に便利だと実感します。インターネットにつなぐ際はいちいちWi-Fiの設定を戻さなくてはなりませんが(笑)

iPhoneやiPadでテレビを見よう【送料無料!】【メール便不可】【在庫有り】SoftBank Selection …
価格:8,970円(税込、送料込)

iOS 5.0.1 アップデート手順(iPhoneから)

こんにちは、ジンです。

ようやっと本日AppleからiOS 5.0.1のアップデートが発表になりました。バッテリーの消費問題がすでに告知されていましたが、これを修正するアップデートのようです。iPhone 3GS/4/4S、iPad/iPad 2、第3/4世代iPod touchに適応します。

他には

・iPadのマルチジェスチャの追加
・iPad 2用のApple製「Smart Cover」に関するセキュリティ問題の解決
・「iCloud」サービスにおけるドキュメントのバグが修正
・オーストラリアのユーザー向けに音声認識精度が改善

などの問題を修正したようです。

実は僕はこのアップデートをものすごく待ちわびていたのですよ。

「iOS5から母艦(Mac/PC)なしで、iPhone単体からOSのアップデートができるようになった」

からです。早く試してみたかったのですよ(笑)

今までは、MacかPCにインストールされたiTunesからUSBケーブルを経由してアップデートを行っていたのですが、iOS5からは直接iPhoneにアップデートファイルをダウンロードして、インストールまでできるのです。もちろん今まで通りiTunes経由からアップデートできます。

Wi-Fi(無線LAN)につながっていることが前提条件です。以下、設定の手順をご紹介します。

1.ホーム画面から「設定」を選択します。
ホーム画面から設定を選択

 2.「一般」を選択します。
設定から一般を選択

3.「ソフトウェア・アップデート」を選択します。
一般からソフトウェア・アップデートを選択

4.アップデートを確認する画面が表示された後、すぐにiOS 5.0.1のアップデートの画面が表示されるので、「ダウンロードしてインストール」を選択します。
アップデートを確認中 iOS 5.0.1

 

5.利用条件に同意します。
利用条件に同意する

6.インストール中にバッテリーがなくなってしまうのを防止するためのメッセージを表示されるので、バッテリーの状態を確認して「OK」を選択します。
電源の確認

7.ダウンロードが開始されます。
iOS 5.0.1のダウンロードの開始

8.ダウンロード終了後に今インストールするか聞いてきますので、10秒待つか、「インストール」を選択します。後でインストールしたい人は「後で」を選択します。
インストールを開始する

9.アップデートの検証作業を開始した後、iPhoneが自動的に再起動されます。
アップデートを検証中

10.リンゴマークの下にステータスバーが表示され、インストール作業を行います。
インストール中

11.無事にホーム画面に戻ればアップデート終了です。
再起動後ホーム画面に戻る

12.念のため、ソフトウェア・アップデートの画面と情報から間違いなくアップデートされていることを確認します。
ソフトウェアは最新です 情報からも確認できる

僕の場合は、この作業に要した時間は約20分ほどでした。回線の速さでもいくらか違いは出るかと思います。

 

手持ちのiPhoneを新品に交換する方法(バッテリー交換プログラム)

こんにちは、ジンです。クリーンインストールしたiPhone 4Sですが、アイコンがどこかに行ったりした意外は特に問題なく動いています。音声アシスタント「Siri」も使っていますが、僕の発音が悪いせいで、なかなか認識してくれませんが、認識してくれた時の返答には驚かされることがたくさんあります。

さて、今回タイトルに書いた「手持ちのiPhoneを新品に交換する方法」ですが、格安で新品に交換する方法をご紹介します。

最近のApple製品の多くはバッテリーがユーザー自身で交換できないものになっており、もしバッテリーがヘタってきた場合は、Appeに修理を依頼するような形になります。まぁ、バッテリーだけを購入し、自分で交換してしまう猛者の方もいるようですが、本体をかなり分解しないと不可能です。これについては、iPhoneに限らず、iPodやiPad、MacBookでも同じですね。

去年のこのでしたが、iPhone 3GSを購入から1年ちょっと経ったところで、バッテリーの持ちが悪くなり(いやいや、そこまで悪くなったわけでもないのですが)、保証も切れていたので、保証対象外のバッテリー交換プログラムを受けるためにAppleStore銀座のGenius Barに行ったわけです。すると

バッテリーのみの交換だろうと思ったら、なんと本体が丸ごと新品になったではありませんか!?

9800円でiPhone 3GSが新品になった。ソフトバンクショップで新品に交換したら20000円以上かかっていたのに!

で、それから一年、iPhone 4も同じようにこのバッテリー交換プログラムを受けに行ったわけですが、ちょっと仕組みが変わっていました。

iPhone 3G /3GSはバッテリーのみの交換ができないので9800円で本体が丸ごと交換できるのは変わっていないのですが、iPhone 4 は9800円だと本当にバッテリーだけの交換しか行われず、本体丸ごとの交換は追加料金4000円の13800円になるとのことです。どちらにするかはその場で選ぶことができます。

交換されたiPhone 4

iPhone 3G / 3GS → 本体丸ごと交換9800円
iPhone 4 → バッテリーのみ9800円 本体丸ごと交換13800円

iPadとiPod touchなども同様のサービスがあるようですが、試してないので詳細はわかりません。
iPadは11800円で交換なのだろうか?

http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/battery/
http://support.apple.com/kb/index?page=servicefaq&geo=Japan&product=ipad

一応書いておくと、中のパーツに一部再生品が使われていることが説明されます(3GSの時は特に説明されなかったけど)。それと、本体が壊れていないかを、専用のチェックツールで確認されます。これさえ大丈夫であれば、間違えなく傷一つ無いきれいなiPhoneに交換されます。そして交換後90日は保証を受けることができます。

気になる方はぜひお試しください。

iTunes 10.5のWi-Fi経由の同期(iPhone、iPad、iPod touch)

こんにちは、ジンです。なんかようやくまともにiOS5が使えるようになった気がします。

さて、僕がiTunes10.5とiOS5に一番期待していた機能と言っても過言ではない「Wi-Fi経由でのiOSデバイスとの同期作業」の件でちょっと書いておこうかと思います。

これはiPhoneでもiPadでも、iPod touchでも設定が共通です。まずは母艦にUSBでiPhoneをつないで、左メニューからそのiPhoneを選択し、オプションの項目の「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」のチェックを入れ、その後同期。

iTunes Wi-Fi同期

画像ではiPadになっていますが設定方法は共通ですので。
同期が終わった後、USBケーブルを抜いてあげれば作業は終了です。

USBで接続してなくても、左のメニューにiPhoneが残っていて、同期することが可能になります。

iPhoneの「設定」→「一般」→「iTunes Wi-Fi同期」が使用できるようになり、自動で同期がかかるようになりますが、手動でも同期することが可能です。

【追記 2011/10/17 20:05】 iTunesでチェックを入れて同期を一度しても、Wi-Fiでつながらないという人が多いようです。僕もその一人で、iPod touchで大丈夫でもiPhoneでできなかったりしましたが、iPhoneとiTunesを両方再起動することでWi-Fiで同期できるようになりました。

iOS5、iPhoneを復元(クリーンインストール)してもMMSの設定は必須?

こんにちは、ジンです。iOS5に変えてから予想外の不具合が続き、いろいろ不安になってしまったので、手持ちのiOSが動くデバイスをすべてクリーンインストールしてしまいました(笑)おかげで日曜日だというのにもの凄い疲労感が。

今回は母艦のMac miniも手を加えて、Mac OS X 10.7.2をインストールし万全の体制でセットアップに望みました。

復元(クリーンインストール)したiOSデバイス
iPhone 4
iPhone 4S
iPad
iPod touch

さすがに調子がいいです。今のところ問題らしい問題は出ていないです。

ただ、やはりiPhoneのMMS設定は必要だったようで、再び「設定」→「メッセージ」の一番下「MMSメールアドレス」の欄に自分の@softbank.ne.jpメールアドレスを入力しました。

MMSの設定

これって、他の人のアドレス打ち込んだらどうなっちゃうんでしょうかね?さすがに使えないとは思いますが。