カテゴリー別アーカイブ: PC

自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ソフト編)

こんにちは、ジンです。

前回のハード編に続きまして、今回はソフト編というか、実際のインストール作業について書いておきます。

僕自身、最近になって夢を見始めた素人ですので、内容に認識違いがあるかもしれませんが、素人なりの解釈で書いておきます(笑)

1. PCの用意
こちらは前回のハード編で組んだ自作PCになります。PCといっても載っているチップセットでだいぶ変わってきます。今回はH170を積んでいるASRockのMini-ITXマザーボードを使いました。(動作実績がWeb上で確認できたため)

2. Mac OSとUSBメモリーの準備
16GB以上のUSBメモリーを用意して、フォーマットしておきます。
OSのインストーラーはすでにMacを持っている方であれば、比較的簡単に用意できます。MacのApp StoreからOSのインストーラーをダウンロードできますので、まずはダウンロードしてUSBメモリーに入れておきます。

こちらはやり方が2つあります。
A. Unibeastというソフトを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。
B. ターミナルを使ってUSBにOSのインストーラーを入れる。

最初は訳がわからないので、Aの方法でUSBにインストラーを入れていましたが、慣れるとターミナルでコマンドを入れた方が楽になります。Aに関してはOSの言語を一度英語にするなど面倒な手順がありますので、ターミナルにコマンドをコピペして終わるBの手順をお勧めします。

3. CloverをUSBメモリーにインストール
こちらはPCでMac OSを動作させるために必要なソフト(ブートローダー)です。こちらはまずUSBにインストールします。

4. PCにOSをインストール作業
BIOSでUSBからPCを起動させた後は、いつものMac OSと同じようにインストールを開始します。

5. CloverをPCにインストール
USBメモリーにインストールしたのと同様に、PCにもインストールします。この作業をしないと、USBメモリーをPCから抜くと起動しなくなります(笑)

6. CloverのConfig.plistの変更とkextのインストール等の作業
こちらは使用しているマザーボードやビデオカードによって内容が異なります。自分のボードにあったものを探して、インストールするという根気がいる作業になります。すでに同じマザーボードで成功している方のファイルをいただくなどして、最終的に自分の環境にったセッティングをしていくかたちになるかと思います。

前回のハード編では一旦やらないと宣言していた無線LAN関係も動作させることができました。

このハード編とソフト編を書いている途中でMac OS 10.12 Sierraが登場しました。
次回はSierraでのインストール方法を書こうと思います。

Mac魔改造の部屋

自作PCにMac OS X El Capitanをインストールする夢を見た(ハード編)

こんにちは、ジンです。
Macの良さは、ハードもソフトもApple製で相性バッチリということなんですけど、それ故にハードの拡張性が全くと言って無い状態です。
その昔、Mac miniをもんじゃ焼のヘラでこじ開け、CPUを交換したこともありましたが、現在のMacにおいてはカスタマイズのハードルも上がってしまいました。

Macでも自作PCのように自由にハードの交換ができればいいのになんて思っていた矢先、あるブログ記事にたどり着きました。
PCにMac OS Xを入れている人がいる… いや、入れている夢を見た人がいる(笑)
まぁ、ライセンス的にアレなんで。夢見てるだけですよ、きっと。
で、同じ夢を見るために1ヶ月前から色々なサイトを見ながら情報を集めていたりして、ようやっと夢を見る準備ができたので、簡単に手順などを書いておこうかなと思いました。

参考にしたサイト
http://ichitaso.com/hackitosh/hackintosh-osx86-snow-leopard-10-6-8/
http://www.tonymacx86.com
http://www.insanelymac.com

参考にしたサイトの管理人・運営の方々、ありがとうございます。助かりました。

色々なサイトを見ながら、無線LAN・Bluetooth環境に関してはハードルが高そうなので、今回は一旦置いておこうかと思います。
Apple純正のモジュールをMacから取り外したり、海外サイトから購入したりできるようです。

■今回の夢のために組んだハード構成は以下の通り
CPU:Intel Core i5 6500(3.2GHz Skylake)
MB:ASRock H170M-ITX/ac
SSD:CFD CSSD-S6O240NCG1Q (240GB)
RAM:W4U2133PS-8G x2 (16GB)
PCケース:Lian Li PC-Q21
電源:SilverStone SFX電源 300W SST-ST30SF
光学ドライブ:Panasonic UJ-875A
CPUクーラー:リテールクーラー

最初はこの先の拡張性を考え、MicroATX以上のマザーボードと、ミドルタワーかフルタワーのPCケースを秋葉原のドスパラに探しに行ったのですが、その場にあったLian Li PC-Q21に一目惚れし、マザーボードの規格をMini-ITXに変更しました。
マザーボードの選考に関しては、tonymacx86のリストにあったMini-ITXで一番安いものを選択しています。型番からもわかる通り、H170のチップを搭載しているものです。

H170とZ170のチップの差が分かるサイト
http://pssection9.com/archives/z170-h170-b150-h110-chipset.html

PCケースにスロットローディングスリムドライブ用のスリットが入っているので、ここに搭載するための光学式ドライブを購入。中国からPanasonic UJ-875Aを輸入しました。これでリッピングが捗る…。
その他のパーツは、価格.comとかAmazonのレビューを見てなんとなく選んだ感じです(笑)

PCの組み立てに関しては特に特記することもなく、1時間もかからず組み上げてしまいました。

hackintosh parts

hackintosh内部

ビデオカードは、様子を見て購入しようかと思っています。
今回はSkylake版 Core i5の内蔵GPUであるIntel HD530での動作を試しますが、すでにスリープから復帰できない症状が報告されているようなので、後々ビデオカードは用意しようと考えています。

次回はインストールに関して書きたいと思います。

Mac魔改造の部屋

PCのスピーカーからiPhoneの曲をWi-Fi経由で流す(Windows 7編)

こんにちは、ジンです。久しぶりにiPhone関係のネタで日記を書きます。

過去に「PCのスピーカーからiPhoneの曲をBluetooth経由で流す(Windows 7編)」というポストをしたときに結構反響があったようで、今回はBluetoothじゃなくてWi-FiでPCから音を流す方法を書きます。

今回は難しい設定は一切なしで、ソフトをダウンロードしてインストールするだけ。Windows版のAirPlayエミュレータソフトの「Shairport4w」を使います。

前提条件はPCとiPhoneが同じネットワークにいることぐらい。僕の環境ではすでにiTunesをインストールしていたので、あらかじめPCにiTunesを入れておく必要があるかどうかはわかりません。

まずはここからダウンロードして、解凍した後にShairport4w.exeを起動するだけ。立ち上げた後は特に設定を変えなくてもOK。

Shairport4wを起動

Shairport4wの画面

あとiPhone側は「ミュージック」から聞きたい曲を選んで、再生ボタンの近くにあるAirPlayボタンを押して、「Shairport4w」を選べば、PCから曲が流れ始めます。

iPhoneのAirPlayアイコンをタップ

iPhoneのAirPlayからShairport4wを選択する

もしiPhoneにAirPlayのアイコンが表示されない場合はiPhoneのミュージックを一回落として、再立ち上げするか、PC再起動してShairport4wを起ち上げればうまくいくはずです。

DELL Inspiron 1526をSSD化

こんにちは、ジンです。

3年前に母親のために買ってあげた、DELLのノートパソコン「Inspiron 1526」ですが、購入当初から「とにかく遅い」と言われ続けてきて、このまま使うのはストレスがたまるということで、今回ようやっと手を加えることにしました。

DELL Inspiron 1526

よく考えてみれば、Vistaなのにメモリ1GBじゃ、何するのも不便だよなと(笑)購入時にあまりに安かったから仕方ないかとあきらめていたのです。

で、手始めにメモリは一気に4GBにアップ。背面のネジを9か所外すとメモリスロットが現れます。UMAXの2GB*2枚をツクモで購入。

Inspiron 1526 のメモリ増設

がしかし、メモリ装着後にPCの挙動がおかしくなる(笑)BIOS画面すら出なくなったのです。1枚ずつはずして確認したら、どうやら初期不良のようで、その日のうちに新しいものに交換してもらいました。交換後は全く問題なく動いてます。

今までスタートメニューからコントロールパネルを開いて実際に表示されるまでに30秒以上かかっていたのが、ほぼ一瞬で終わるようになりました。こんなことなら早くメモリ積んでおくんだった…。

このアップデートでも十分に体感で速度が速くなったのは確認できたのですが、予算が意外にも余ったので思い切ってハードディスクをSSD化することにしました。

Intel 320 Series SSDSA2CW080G310(80GB)
Intel SSDSA2CW080G310

容量は120GB→80GBになってしまいましたが、インターネット、メール、エクセルぐらいしか使っていなかったようなので、この容量でもしばらくは十分かと。

交換作業はものすごく楽で、ネジを2か所外すとすぐにマウンターごとハードディスクが外れます。マウンターについてるネジも2か所外してSSDに交換します。

Insriron 1526のHD交換

以下、ベンチマーク
SSD:Intel SSDSA2CW080G310
Inspiron 1526 + Intel SSDSA2CW080G310のベンチ

HDD:Seagate ST9120822AS
Inspiron 1526 + Seagate ST9120822ASのベンチ

びっくりするぐらい速いです!!
ベンチの数値を見るとさらにすごいです。桁が一つ違います。

交換前のスペック
CPU:AMD Sempron 3600+ 2.0GHz
RAM:1GB(DDR2 667 512MBx2)
HD:120GB(Seagate ST9120822AS)

交換後のスペック
CPU:AMD Sempron 3600+ 2.0GHz
RAM:4GB(DDR2 667 2GBx2)
HD:80GB SSD(Intel 320 Series SSDSA2CW080G310)

改造費15,000円ちょっとで見違えるほど速くなりました。これで母親に文句を言われなくて済みそう(笑)

ASUS ZENBOOKがMacBook Airに激似の件

こんにちは、ジンです。

今に始まったことではないですが、またApple社製品に似た商品が発売されたようです(笑)

ASUS ZENBOOK

ASUS ZENBOOK

ヨドバシカメラで見た時は驚きましたよ。あまりにもMacBook Airに似てて。けど一瞬「なに、あのかっこいいノート!!」って思ったのは確かです(笑) MacBook Airユーザーとしてはかなり微妙な気分になりましたが。

11インチと13インチという構成も一緒。スペック的にはCore i7を積んでいるので、ZENBOOKのお買い得感は否めない。一応MacBook AirはCore i5だけどもBTOでCore i7にすることも可能ですよ。

ZENBOOKにはMacBook Airのような便利なバックライトキーボードはついていませんがね。

一番笑ったのは、底面見たら区別がつかないかも。同じアルミでも表面の質感が全然違うのですぐに見分けはつくのですが、曲面の使い方がなぁ。

まぁ、売り場で見たノートの中ではダントツにかっこい良かったですよ。

PCのスピーカーからiPhoneの曲をBluetooth経由で流す(Windows 7編)

こんにちは、ジンです。みなさんは仕事中に音楽を聴きますか? 環境によってはそれが許されるパターンと、許されないパターンがあると思います。けれど、正直音楽を聴きながら仕事をした方が効率がいいと思いませんか?

僕の場合、音楽を聴きながら仕事をするのには少々ハードルが高い環境にあります。しかし、幸いにもPCにイヤホンを接続して音を聞いていても怒られないのです。これは映像を扱う仕事をしている人間の特権といってもいいでしょう。周りからは間違いなくまじめに仕事しているように見えます(笑)

とはいえ、会社のPCにiTunesをインストールし、さらに曲のデータまで入れるのはさすがに気が引けます。で、思いついたのが「PCのスピーカー(イヤホンジャック)からiPhoneの曲をBluetooth経由で流す」という方法です。PCのハードディスク容量を裂くことがもありませんし、ソフトをインストールする必要もありません。

PCにiTunesをインストールして、iPhoneの曲データをフリーウェアで抜き出してしまえば早かったりしますが、なんかナンセンスなので(笑)
そのほかにもPCのLine-in端子にiPhoneのイヤホンジャックを接続する方法もありますが、同じくナンセンスなので(苦笑)

では早速やり方の説明ですが。

前提条件としては
1. Bluetoothを搭載したPCがあること
2. iPhone(iPod touch)のBluetoothをONにしておくこと

の以上です。僕の環境ではWindows 7 Home Premium 64bit SP1で行っています。Macでのやり方は恐らくものすごく簡単かと思いますが、後日書く予定です。

使用している機材はAcerのノート Aspire 3810T、iPhone 4Sでおこなっています。もちろん両方にBluetoothが搭載されています。Vistaでもできるかもしれませんが、試していないためここでは触れません。

手順1.「スタートメニュー」→「コントロールパネル」からBluetoothの設定画面を開きます。表示されない場合は、検索窓から「Bluetooth」と入力すると表示されます。「オプション」のタブからBluetoothの設定を確認します。以下のようになっていれば大丈夫です。(注意:使わないときは「コンピュータの検出を許可する」のチェックは外しておいた方がセキュリティー上いいかもしれませんね。)
Bluetoothの設定

手順2. iPhoneの「設定」→「一般」→「Bluetooth」を選び、BluetoothをONにしておきます。
iPhone Bluetooth

手順3. 「スタートメニュー」→「デバイスとプリンター」を選択します。
スタートメニューからデバイスの追加

手順4.「デバイスの追加」をクリックします。
デバイスの追加

手順5.「iPhone」を選択し、「次へ」をクリックします。
iPhoneを選択

手順6.画面にペアリングコードが表示され、それと同時にiPhoneの画面にもペアリングコードが表示されますので、iPhone側で「登録」をタップしてから、PC側で「次へ」をクリックします。
ペアリング
iPhoneでの登録画面

手順7.PC側で登録が完了したというメッセージが表示され、ドライバーのインストールが自動で始まります。登録完了

手順8.その後インストールが失敗したというメッセージが出ますが「閉じる」をクリックします。
インストールの失敗1
インストールの失敗2

手順9.iPhone側でPCの名前が表示されている部分をタップすると接続が開始されます。
接続を開始します

手順10.iPhoneの「ミュージック(iPod)」から再生画面を表示させ、画面右下の「AirPlay」のアイコンをタップし、PCを選択します。
ミュージックからスピーカーを選択 スピーカーからPCを選択

手順11.するとPCのデスクトップに画像のようなコントロール画面が表示され、PCのスピーカーから曲が聞こえるようになります。
コントローラー

曲情報(場合によって表示されない?)や音量の変更、再生・停止、スキップなどのコントロールもできます。iOS4.3.5でもできることを確認しています。

もしうまくいかない場合はPCのBluetoothがONになっているかを確認します。

ヒューレット・パッカードについて

こんばんわ。ジンでございます。

今日は世界のPCメーカーHP(ヒューレット・パッカード)について日記を書きます。何故って?

そりゃ、好きだからですよ。

元来Appleを愛してやまない僕だったのですが、仕事の都合上どうしてもWindows PCを使わなくてはならない。日本のメーカーのPCは、前々職の仕事のおかげでいろいろなメーカーのPCを試すことができたけど、もう本当うんざりするぐらい良いものがない。無論あのSONYでさえ。無駄が多すぎるし、ハードのデザインもかっこわるくて、しかも高級感がない。ノートPCなんて持って歩くのが恥ずかしいだろ。

そういう点で、Appleのプロダクトは本当に高級感・デザインともに文句がない訳で。まぁ知っての通り、決して安いものではない。最近では価格も安くなったが、学生の時バイトのお金を貯めて初めて買ったPowerBook G4は30万したからな。

なんかAppleの話になりそうなので、ここらでHPの話に戻しますが(苦笑)

まぁ、HPのPC今かなり来てるんですよ!
会社でも使ってるけど、もの凄く安定してるし。
自宅にも3台HPのPCがあるけど、これもかなりいい。

写真

なにがいいかって、なによりも価格がバカみたいに安い。
デスクトップPCが12,000円で買えるということ。
http://nttxstore.jp/_II_HP12697443
既に完売してましたw

これには理由があって
1.サーバ機であること
2.OSがついてこないこと

ただ、ちょっとPCに詳しい人なら十分に使いこなすことができる。
リテール版のWinXPとかVISTAを持っていれば、インストールして普通に使うことができる。
OSなんてヤフオクで格安で手に入る。
サーバー機ゆえ、音が出ないのとビデオカードが貧弱。これももちろんビデオカードとサウンドカードを買うことで解決できる。サーバーって言ったって、ハードの構成はPCそのものなんだから当然だよね。入ってるOSの問題。

それなりのPCが3万円しない価格で手に入るわけで(モニターは別で買ってね☆)
職場でこの話をして、すでに2人同じマシンを買ったが、両人とも評価はもの凄く高いと言う。そりゃそうだ。

僕のマシンは本体込みで6万近いが、3万円の構成でインターネット、メール、Office全般(Word、Excelなど)を使うにはオーバースペックというぐらいの性能のマシンになる。

構成例(\32,500)
本体:HP ML115 G5
CPU:Athlon X2 Dual-Core 6000+ 3.1GHz
HD:160GB(Seagate)
RAM:2GB
VIDEO:NVIDIA GeForce 8400 GS 512MB
Sound:SoundBlaster 5.1VX
Drive:DVD-RW

構成例(\23,000)
本体:HP ML115 G5
CPU:Athlon 1640B 2.7GHz
HD:160GB(Seagate)
RAM:2GB
VIDEO:NVIDIA GeForce 8400 GS 256MB
Sound:SoundBlaster 5.1VX
Drive:DVD-RW

構成例(\59,500)zinco仕様
本体:HP ML115 G5
CPU:Phenom X4 9950 Black Edition BOX
HD:160GB(Seagate)
RAM:4GB
VIDEO:NVIDIA GeForce 9800 GT 512MB
Sound:SoundBlaster 5.1VX
Drive:DVD-RW
静音ファン+CPUクーラー強化

今各社(DELL、NECなど)からも格安サーバー機が発売されているけど、自分で手を加えられる幅が狭い。自作PCを一度でも作った経験がある人であれば、この価格がもの凄く安いってことぐらいは理解してもらえるはず。

格安べアボーンを買ったってこの金額は軽く超えるだろうし、余ったパーツはヤフオクで処分できる。ので、実際は12,000→9,000円で買える計算になる。

写真

あと、ウルトラモバイルについても。
HP mini 1000を年始に買ってはや1ヶ月。これもなかなかいい。イーモバイルとセットで買ったので、購入金額は9,750円。DELLのInspiron Mini 12とたまたま性能を比較する機会があって、動画の再生で動作確認したんだけども、mini1000の方が遥かに滑らかに再生する。まぁCPUの構成も若干差はあったけど。カバンに入れて持ち歩いても本当に気にならない重さと大きさ。すばらしい。

パソコン欲しい人、相談乗りますよ。

HP ProLiant ML110 G5カスタマイズ終了

こんばんわ。意外とHPのキーボードが好き、ジンでございます。

なんかしばらくぶりの日記ですが、ニューマシンから日記を書いています。この間購入した、HPのサーバ「ML115 G5」をこてこてに改造しまして、メインマシンのMac miniより遥かに処理速度が速いマシンとなりました。

■改造リスト
CPU:AMD Phenom 9950
RAM:4GB
光学式ドライブ:LG GH22NS30
ビデオ:GeForce 9800GT 512MB(ZOTAC)
CPU FAN:サイズ 刀2
ケースFAN:AINEX CFY-90P
チップクーラー:AINEX HV-3747BL

アイドル時:40℃
最高負荷時:63℃

写真

ベースマシンも含めて59000円ぐらい。たぶん店で買えばもっと高いだろう。今のところなんとか安定稼働中。

HPの激安サーバ購入

こんばんわ。デトックスどくだみ茶飲んだとたん、体がとんでもないことになってしまったじんです(汗) とんでもないことは想像にお任せしますが…。

この一週間風邪引いて、病院行ったり、早めに寝てたりしてたんですが、窓開けながら寝てたら治らないわな。たまに病院行くといろんな発見があって面白いです。

まぁ、風邪と一緒で僕の衝動買いは一種の病気なんですが、またPCカイマシタ。だって、13800円だったんだも〜ん(苦笑) HPとかDELLが投げ売りやってるからぁ〜。1ヶ月に1台買ってる計算になっていますorz

写真

HPのProLiant ML115 G5とProLiant ML110 G5。見た目は一緒だけど、AMDとIntel。CPUが違う。110は先々月に買った、ファイルサーバー用マシン。現在安定稼働中。115はAMDのCPUを積んだ110とほど同じスペック。こっちはコテコテに改造しようと思って。

2週間前に雲のCG作って、Mac miniで約3日以上(30秒/クオリティー低で)かかったので、しびれを切らして買ってしまいました。あくまでベースマシンなので、CPUも取っ替えて、メモリもいっぱい積んで、ビデオカードも速いのいれます!! これでいっぱい作品作ります(←多分w) しっかしMacと違って、AT互換機はアホみたいに安いな。まぁメインはMacしかあり得んのですが。

ていうか、またPC王国みたいになってねぃか、オレの部屋? 最近ではMac miniがメインマシン。110がファイルサーバー(4TB→RAID5:3TB換算)。会社のノートが一台(半年間未使用w)。今後の3DCGレンダリングマシンになるであろう115。そしてベッドでニコ動見るためのMacBook Air(爆) 一台でなんとかならないかね。

今年の冬は暖房なくても過ごせそうです。

おニューのマシンから

はい、こんばんわ。じんでございます。
ただ今、おニューのマシン(Windows Vista)から日記を書き込んでおります。

お正月特にやることがなかったわたくしですが、趣味の背景作りに没頭しておりました。多分普通に買っても1500円もしないようなキーボードが付属してきたのですが、意外にこれが使いやすいっ!

写真
上:1500円のキーボード 下:6500円のキーボード

写真

手持ちのMac miniではやはり3DCGではソフトが安定しないので、この分野はWindowsで行うことにしました。雲の上を飛ぶアニメーションを作っています。予想レンダリング終了時間…48時間後orz…。今回は5秒ではなく15秒で、なおかつクオリティもあげているので、2倍速いマシンで作成していても妥当な速度ですが、やはり遅いですよね。

写真

写真

静止画ならほとんど一瞬で作れるようになったんですがね。

CPU:Intel Core 2 Quad Q6600 2.4GHz
RAM:2048MB
HD:250GB
Video:NVIDIA GeForce 8600 GT 256MB