初代MacBook Pro A1150のハードディスクをSSD化

こんにちは、ジンです。今回もオークションで落札した初代MacBook Proの話。なにせこのマシン7年前のモデルなので、お世辞にも速いとは言えないのです。

前回のポストでも公言した、ハードディスクをSSDに交換する作業を行いましたので、簡単に書いておきます。

交換はここのサイトを参考にしています。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

今回使ったSSDはIntelの520 Series SSDSC2CW120A310。読込速度 550 MB/s、書込速度 500 MB/sのものになります。実売価格は12,000円ぐらい。

交換作業自体は10分ぐらい。写真のように問題なく装着できました。

Macbookpro02

純正のハードディスク(TOSHIBA MK8032GSX 80GB)のベンチマークの結果↓

TOSHIBA

今回交換したIntelの520 Series SSDSC2CW120A310のベンチマーク↓

intel

元々の性能から比べて項目によっては10倍以上速くなっています。起動の速さもすごいのですが、終了時の速度がものすごく速い。Mac OS 9の終了と同じくらい速い(笑)ほとんど一瞬でした。

まだまだ値段の高いSSDですが確実にスペックを高めるのであれば有効な方法かと思います。

 

Mac魔改造の部屋

初代 MacBook Pro A1150のドライブを交換

こんにちは、ジンです。また時間が経ってしまいました(苦笑)

今回はMacの話。つい最近、友人がRetinaのMacBook Pro 13インチを購入し、ちょっとだけ羨ましく思っておりました。まぁ別に僕が買っても使う用途があるわけでもないんですけどね。

iPad miniを買ったおかげで、大体のことはこれでできてしまう。最悪MacでもWindowsにでもリモートでログインすればいい。

とは思いつつも結局買っちゃうのが僕なんですよね(笑)流石に今回は新品を買いませんでしたが、旧機種のジャンクのMacBook Pro 15インチを買いました。モデルナンバーがA1150のやつなので、CPUもCoreDuo 1.83GHzのもので、OSも10.6.8までしかインストールできない。それでも欲しかったんです。

Macbookpro01

ジャンクと言ってもDVDドライブの故障のみなので、30分もあれば治せるだろうし。それにSSDでも入れれば速くなるだろうと。

一週間前にClassicでしか動かない昔のソフトを動かしたくて、オークションで初代のPowerBook G4を購入してしまったのが、今回の衝動買いを後押ししてしまったんだろうな。Macのノートの格好良さを再認識してしまったのです。

Macbookpro03

で、早速ヤフオクでドライブを落札。元々ついていたUJ-857CAを新品で購入。Apple純正じゃなくても同型であれば装着できるだろうと思って、秋葉原をうろついていたのですが、IDE接続のスロットローディングのドライブ自体売っていない…(汗) 仕方ないのでヤフオクで落札したのですが、このドライブを出品者ている方のほとんどが海外発送。私が落札した商品の出品者の方は日本人のようでしたが、深圳から商品は発送されていたようです。もう国内在庫無いのか。

交換方法は以下のサイトが参考になります。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

Macbookpro04

まぁ純正なので問題なく認識して、ジャンク品から完動品になりました。

 

Mac魔改造の部屋

【WordPress】アップロードした画像ファイルを自動でリサイズするプラグイン「Imsanity」

こんにちは、ジンです。今日もWordPress関係で日記を書きます。

WordPressで日記を書く際には、画像を貼るように努力している僕なのです。投稿アプリ等で画像をアップしてしまうと、カメラアプリでと撮影した高解像度の画像がアップされたりして、結構な容量になったりしてしまいます。アップした後のリサイズもWordPressの機能だけではできない。そこで紹介するのが「Imsanity」というプラグイン。

Imsanity01

元々、このプラグインは画像をWordPressにアップロードする際に自動でサイズ調整してくれるプラグインで、縦横の最大ピクセル数やJPEGの圧縮率も設定できます。

Imsanity02

このプラグインにある「Bulk Resize Images」機能で、アップした後の画像も設定通りのサイズにリサイズしてくれます。作業は簡単で「Search Images…」のボタンをクリックして、表示された画像リストからリサイズしたい画像ファイルにチェックを入れ、その下に表示された「Resize Checked Images…」のボタンをクリックするだけ。

【WordPress】海外レンタルサーバにて日本語版WordPressを使う(WordPressの日本語化)

こんにちは、ジンです。またまた更新が久しくなってしまいました。今年はまじめにブログ書こうかなと思っています(笑)

最近海外のレンタルサーバが激安で、容量の制限も甘いのでここのサーバとは別に勢いで契約してみました。海外サーバの多くで「cPanel」というウェブホスティングコントロールパネルを採用していて、サーバの設定やメール、FTPの設定など比較的簡単に行きるようになています。

このブログでも採用しているWordPressのインストールも非常に簡単に構築できました。通常ではデータベースを作って、WordPressをインストールして、WordPressがそのデータベースを読むように…なんてことやってると慣れていない人はあっという間に時間がかかってしまう。こんな問題もレンタルサーバのサービスで一括セットアップしてくれる訳です。

それで、海外のレンタルサーバを契約すると当然のことながらcPanelのインターフェースも英語で、さらに自動でセットアップしたWordPressも英語なっているのです。これが結構面倒くさい。英語が全く読めない訳でもないのですが、細かい設定とか直感でできないので、やはり日本語化しておいた方が便利だと思い、WordPressの日本語化をしてみることにしました。ちなみに僕のWordPressのバージョンは「3.4.2」なのでこれをベースに書いていきます。

参考にしたのはこのサイト。
http://wpdocs.sourceforge.jp/日本語で_WordPress
http://lealog.hateblo.jp/entry/2012/03/11/140346

やることは以下の3手順
1.設定ファイルに1行追加する
2.日本語用のファイルをWordPressにコピーする
3.マルチバイト対応にするプラグインをインストールする

1.設定ファイルに1行追加する

まずはFTPクライアントなどで自分のWordPressをインストールした場所を開いて、直下のディレクトリにある「wp-config.php」にの「define(‘WPLANG’, ”);」という行を見つけて、その行をコメントアウトして、その下に「define(‘WPLANG’, ‘ja’);」を追加して保存。

// define('WPLANG', '');
define('WPLANG', 'ja');

define_WPLANG_ja

 

2.日本語用のファイルをWordPressにコピーする

まずここのサイトから自分のWordPressと同じバージョンのフォルダを選択し、その中の「messages」の選択して以下のファイル8つをダウンロードする
admin-ja.mo
admin-ja.po
admin-network-ja.mo
admin-network-ja.po
continents-cities-ja.mo
continents-cities-ja.po
ja.mo
ja.po

次に自分のWordPressをインストールした場所の「wp-content」にの中に「languages」というフォルダを新たに作成してから先ほどダウンロードしたファイル8つをこの中にコピーする。

languages

この状態で既にWordPressの管理画面は日本語化されているはず。

3.マルチバイト対応にするプラグインをインストールする

WP Multibyte Patchというプラグインをインストールします。これは WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。
詳細はこちらをどうぞ
http://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/

手順はWordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」で検索で「WP Multibyte Patch」を入力。検索結果から「WP Multibyte Patch」の「いますぐインストール」をクリックすると自動でインストールが開始されます。

wp_multi

この後プラグインの有効かを行えば作業は終了。

ちなみにこれ以後は、WordPressのアップデートも自動で日本語でアップデートされるようになります。

念のためというか、これは必須だと思いますがタイムゾーンの設定は「UTC+9」もしくは「東京」に変えておきましょう。「設定」→「一般」から変更できます。time_zone

【結局買ってしまった…】iPad mini 10日使った感想(オレ的レビュー)

こんにちは、ジンです。またまた更新をサボりました…(苦笑)

今年の3月に満を持して発売された第三世代のiPad(通称:新しいiPad)を購入していた僕ですが、先月の発表会で目を疑う光景を目の当たりにしました。

第四世代のiPad

ん?なにそれ?

通常iPhoneやiPadはモデルチェンジを1年の周期で行っていたので、来年の3月までは少なくても「現行機種」という冠をかぶったままいけると確信していましたが、まさか自分の新しいiPadがたった半年足らずで新しくないiPadになってしまいました(爆泣)

とは言え、噂程度にはiPad miniと同じタイミングでDockコネクターがLightningケーブルになるということは知っていましたが、まさかCPUまでアップデートされ、スーパー新しいiPadになるとは思わなかったですよ!!

で、このやり場のない怒りを「iPad mini購入」というかたちで解消することにしました。まぁただのいい訳です。欲しかったんです、iPad mini。

iPad mini パッケージ

まぁ、ちょうど良くヤフオクで第三世代のiPad高値で処分することができました。しかもちょっと利益が出ました。

iPad 32GB → iPad mini 16GBの乗り換えなので当然と言えば当然ですが。

ヤフオクに出品した第三世代のiPad

 

運良く、iOS6にアップデートしていなかったので、GoogleMapが普通に使えたのはポイント高かったんじゃないかと思います。

さてさて、本題のiPad miniを10日ほど使った感想ですが。とにかく電車の中で使いやすいです。今までのiPadはカバンの中からわざわざ出して、両手で持って使う必要がありました。電車の中で座れる時はまだしも、立っている状態で使うのはかなり至難の技でした。このiPad miniに関して言うと、まずカバンから取り出しやすく、片手で持てる大きさと重さになったおかげで、iPadで感じていた煩わしさが払拭された感じです。

煩わしさがなくなると、自然に外に持ち出すようになり、結局毎日電車の中や、スタバで使うようになりました。最初からこのサイズで出してほしかったなぁ。重量がiPadの約半分になったのはポイント高いですね。

iPad miniとBuffaloのケース

iPad mini発売と同時に発売され、作りもしっかりしているのがBuffaloのケース、「タテ置き、ヨコ置き自由自在、回転スタンド付きレザーケース BSIPD712RL」です。

店に出ていた商品の中で一番高級感があったレザーケースだったので即買いに近い感じで購入しました。4角もしっかりホールドされているので傷も付きづらいと思います。また回転して使うことができるので、縦でも横の状態でもスタンドを利用できます。回転しないタイプは少し価格が安く発売されています。

 バッファロー BSIPD712RLBR iPad mini用 回転スタンド機能付レザー ブラウン

 バッファロー BSIPD712RLBR iPad mini用 回転スタンド機能付レザー ブラウン
価格:2,625円(税込、送料別)

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルム for iPhone5 PJK-01

こんにちは、ジンです。iPhone 5をゲットして2週間経ちましたが、ようやっと待ち焦がれて商品が発売されました。

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルム for iPhone5 PJK-01

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルム

他のメーカーの液晶保護シートは、発売直後のせいか、ホームボタンの下までしっかり保護されているものがほとんどないです。この間買ったTUNEWARE eggshellというiPhone 5用ケースに付属していた保護シートもホームボタン周りまでしっかり保護されていましたが、なんか満足していなかったんですよね。

で、iPhone 3Gの時から使用しているPOWERSUPPORTの保護シートを今回も使おうと意気込んでいたのですが、ここのメーカーは新機種が出てから最短でも一週間経たないと保護シートを発売しない。iPhone 3G→iPhone 3GSとかiPhone 4→iPhone 4Sになる時はシートの寸法がそのままなので、新機種発売日から購入できますが、今回iPhone 5のようなモデルチェンジですと、発売までに時間がかかるようです。

とは言え、このメーカーのシートは出来が違う。クオリティーが半端なくいいので、ホームボタンの位置に合わせてシートを貼ると、結果的に電話のスピーカーの穴の位置とずれるといったような問題は無いですし、それにめちゃくちゃ気泡が入りづらい! 遅れてきただけあって精度は抜群!

POWER SUPPORT 正規品ビューワー

最近ではこのメーカーの模造品がたくさん市場に出まわているらしく、ついにはパッケージにホログラムが付く始末。僕はちゃんと正規品を買っているので、ホログラムビューワーで、ロゴも確認できます。

正規品証明

以下の写真はシートを貼った直後の写真ですが、何の違和感もなく貼ることができます。前回まではノングレア(非光沢)のものを使用していましたが、今回からはグレア(光沢)のタイプを使用しました。やっぱり黒がきれいに映ります。

POWER SUPPORT AFPクリスタルフィルムをiPhone 5に貼った

http://pawasapo.co.jp/products/iphone/pjk01.php?category=iphone_5

iPhone 5買ったら側面に傷があった→即交換→傷あるじゃん!!

こんにちは、ジンです。

僕も例に漏れず、先週iPhone 5を手に入れることができました。64GBの黒になります。そんな喜びもつかの間、至る所で聞いていた黒モデルにあるという傷が僕のiPhone 5にもありました

機種変更時にお店でテンションあがっていたので全く気づきませんでしたし、いつも店員さんと行うはずの外装の確認も今回は行わなかったので確認できなかったのですが、家について箱から開けたときにはすでに傷があったので最初からあったのでしょう。

iPhone 5 黒モデルの傷

気にならないといえばそうなのですが、自分がつけた傷ではないのでなんか腑に落ちませんでした。購入店に電話したら「商品引き渡し後なので… Softbankショップに聞いてください。」と。そしてそのSoftBankショップに電話したら「うちで販売したものではないし、そもそもAppleStoreに聞いてください。」と(笑)

結局たらい回しの結果、AppleStoreに電話して状況を説明し、Genius Barの予約を入れました。

19:40に予約を入れましたが、対応が始まったのが20:30。いつ行っても時間通りに呼ばれたことはないですね。

事前に電話で状況は伝えていましたので、すぐに交換の手続きに移りました。ここはやはりAppleの神対応と言ったところでしょうか。

で、新しいiPhone 5を箱から出してきたのですが、それが残念なことにまた傷がある…。

こんなに高確率で傷物に出会うなんてっ!!(苦笑)ちなみにGeniusも言っていましたが、黒モデルはやはりこの手の問題が多数起きてるようです。白モデルでは皆無なんですって。

さすがに僕も「今から白に交換できませんか?(半笑)」って聞いたら、速攻「無理です…(苦笑)」って感じになりました。そりゃそうですよね。

結局さらに新しいiPhone 5をバックヤードから出してもらうことになったのですが、箱を開けるときにGeniusが「これにも傷があった場合はあきらめてもらうか、パーツオーダーをかけて修理の対応になります。」と言ったので、一瞬心配になりましたが、新しいiPhone 5には傷はなく無事にAppleStoreから帰ることができました。

僕の周りでiPhone 5の黒を購入した人が3人いましたが、傷は無かったそうです(爆笑)

この傷の問題を今後どのようにAppleが対応するのか気になります。

iOS6移行後のMMS設定(Softbank)

こんにちは、ジンです。iOS5の時もそうでしたが、iOS6にしても同様の設定が必要なので書いておきます。

iOS5のときの設定はこちらをご参照ください。
http://blog.jinkimura.com/2011/10/16/ios5移行後のmms設定(softbank)/ 

iOS5からiOS6にそのままアップデートした場合は設定情報がそのまま引き継がれるので、あまり気にしませんでしたが、iTunesから復元する場合や、今回iPhone 5を購入して新規のiPhoneとして利用する場合はこの設定が必要になります。お店の店員さんもここの設定はしてくれません。

MMSってなんぞや?って人のために一応説明。

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)はSMS(ショートメッセージサービス)の拡張版で、他社の携帯にはもちろん、PCなどにもEメールが送れます。

 

設定方法は以下のようになります。

ホーム画面から「設定」→「メッセージ」→一番下の「MMSメールアドレス」の欄に自分の「〇〇〇〇〇@softbank.ne.jp」のアドレスを入力。

ホーム画面の「設定」「設定」→「メッセージ」「メッセージ」の「MMSメールアドレス」に自分のアドレスを入力

以上になります。

iOS 6 新しいマップAppで2拠点検索で移動手段を電車にすると他のAppが起動

こんにちは、ジンです。昼休みに日記書いてます(笑)

僕のiPhone 4SをiOS 6に入れ替えていろいろ試してる最中です。

前々からGoogleマップではなく自前のマップAppをプリインストールするとアナウンスしていた通り、全く新しいマップAppになっていました。

見慣れていたGoogleマップから比べるといろいろ違和感がありますが、ナビゲーションが便利になったので、好感は持てます。まぁすぐに慣れるだろうと。

朝電車の中でナビゲーションがどうゆう風に動くのか知りたくて、二拠点でのルート検索を行ったところ、マナーモードになっているにも関わらず、スピーカーからSiri子さんの声でナビゲーションされた時は流石に焦りました(笑)ホームボタン押しただけだと音声はそのまま流れ続け、Appを終了するか、ルート検索を停止しないとSiri子さんがしゃべり続けるようです。

車や徒歩の場合は特に問題ないのですが、移動手段を電車に変えてルート検索すると、他のAppを起動するかインストールするように促されてしまいます。

20120920-123109.jpg20120920-123142.jpg

そして、僕がインストールした「駅すぱあと」の仕様だとは思いますは、二拠点の情報は転送されるものの、地図などは表示されないので、Googleマップに比べてしまうとかなり劣った印象を持ってしまいます。そもそも他のAppが起動するのが面倒くさい。

試しに「自転車ナビ」でも試しましたが、現在位置が取得できず検索できませんでした。そもそも自転車ナビ選んだ時点で電車になんか乗らる気がないですよねw)

アメリカ本国だとこの辺はマップAppだけでちゃんとナビゲーションしてくれるのでしょうか?

Appleさんへの対応を期待してます。

iOS 6 「Passbook」が現在使えない??

こんにちは、ジンです。iOS 6にアップデートして2時間あまり経過し、いろいろな機能を試しています。

しかしながら20日8時30現在、Passbookが使えない状態のようです。

Passbook は各種のチケットやクーポン、会員カードなどを iOSデバイス上でまとめて管理するアプリです。

ホーム画面のPassbook

Appを起動して、App Storeボタンを押すと「iTunes Storeに接続できません」と表示され全く使えない状態になります。

iOS 6 Passbook 起動後画面iOS 6 Passbook iTunes Storeに接続できません

MacとiPhone、iPad、そして自転車