「交換」タグアーカイブ

初代MacBook Pro A1150のハードディスクをSSD化

こんにちは、ジンです。今回もオークションで落札した初代MacBook Proの話。なにせこのマシン7年前のモデルなので、お世辞にも速いとは言えないのです。

前回のポストでも公言した、ハードディスクをSSDに交換する作業を行いましたので、簡単に書いておきます。

交換はここのサイトを参考にしています。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

今回使ったSSDはIntelの520 Series SSDSC2CW120A310。読込速度 550 MB/s、書込速度 500 MB/sのものになります。実売価格は12,000円ぐらい。

交換作業自体は10分ぐらい。写真のように問題なく装着できました。

Macbookpro02

純正のハードディスク(TOSHIBA MK8032GSX 80GB)のベンチマークの結果↓

TOSHIBA

今回交換したIntelの520 Series SSDSC2CW120A310のベンチマーク↓

intel

元々の性能から比べて項目によっては10倍以上速くなっています。起動の速さもすごいのですが、終了時の速度がものすごく速い。Mac OS 9の終了と同じくらい速い(笑)ほとんど一瞬でした。

まだまだ値段の高いSSDですが確実にスペックを高めるのであれば有効な方法かと思います。

 

[403] [403] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `403 Forbidden` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#AccessDeniedException","Errors":[{"Code":"AccessDeniedAwsUsers","Message":"The Access Key I (truncated...)

Mac魔改造の部屋

初代 MacBook Pro A1150のドライブを交換

こんにちは、ジンです。また時間が経ってしまいました(苦笑)

今回はMacの話。つい最近、友人がRetinaのMacBook Pro 13インチを購入し、ちょっとだけ羨ましく思っておりました。まぁ別に僕が買っても使う用途があるわけでもないんですけどね。

iPad miniを買ったおかげで、大体のことはこれでできてしまう。最悪MacでもWindowsにでもリモートでログインすればいい。

とは思いつつも結局買っちゃうのが僕なんですよね(笑)流石に今回は新品を買いませんでしたが、旧機種のジャンクのMacBook Pro 15インチを買いました。モデルナンバーがA1150のやつなので、CPUもCoreDuo 1.83GHzのもので、OSも10.6.8までしかインストールできない。それでも欲しかったんです。

Macbookpro01

ジャンクと言ってもDVDドライブの故障のみなので、30分もあれば治せるだろうし。それにSSDでも入れれば速くなるだろうと。

一週間前にClassicでしか動かない昔のソフトを動かしたくて、オークションで初代のPowerBook G4を購入してしまったのが、今回の衝動買いを後押ししてしまったんだろうな。Macのノートの格好良さを再認識してしまったのです。

Macbookpro03

で、早速ヤフオクでドライブを落札。元々ついていたUJ-857CAを新品で購入。Apple純正じゃなくても同型であれば装着できるだろうと思って、秋葉原をうろついていたのですが、IDE接続のスロットローディングのドライブ自体売っていない…(汗) 仕方ないのでヤフオクで落札したのですが、このドライブを出品者ている方のほとんどが海外発送。私が落札した商品の出品者の方は日本人のようでしたが、深圳から商品は発送されていたようです。もう国内在庫無いのか。

交換方法は以下のサイトが参考になります。
http://www.ifixit.com/Guide/MacBook+Pro+15-Inch+Core+Duo+Model+A1150+Hard+Drive+Replacement/486/1

Macbookpro04

まぁ純正なので問題なく認識して、ジャンク品から完動品になりました。

 

[403] [403] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `403 Forbidden` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#AccessDeniedException","Errors":[{"Code":"AccessDeniedAwsUsers","Message":"The Access Key I (truncated...)

Mac魔改造の部屋

iPhone 5買ったら側面に傷があった→即交換→傷あるじゃん!!

こんにちは、ジンです。

僕も例に漏れず、先週iPhone 5を手に入れることができました。64GBの黒になります。そんな喜びもつかの間、至る所で聞いていた黒モデルにあるという傷が僕のiPhone 5にもありました

機種変更時にお店でテンションあがっていたので全く気づきませんでしたし、いつも店員さんと行うはずの外装の確認も今回は行わなかったので確認できなかったのですが、家について箱から開けたときにはすでに傷があったので最初からあったのでしょう。

iPhone 5 黒モデルの傷

気にならないといえばそうなのですが、自分がつけた傷ではないのでなんか腑に落ちませんでした。購入店に電話したら「商品引き渡し後なので… Softbankショップに聞いてください。」と。そしてそのSoftBankショップに電話したら「うちで販売したものではないし、そもそもAppleStoreに聞いてください。」と(笑)

結局たらい回しの結果、AppleStoreに電話して状況を説明し、Genius Barの予約を入れました。

19:40に予約を入れましたが、対応が始まったのが20:30。いつ行っても時間通りに呼ばれたことはないですね。

事前に電話で状況は伝えていましたので、すぐに交換の手続きに移りました。ここはやはりAppleの神対応と言ったところでしょうか。

で、新しいiPhone 5を箱から出してきたのですが、それが残念なことにまた傷がある…。

こんなに高確率で傷物に出会うなんてっ!!(苦笑)ちなみにGeniusも言っていましたが、黒モデルはやはりこの手の問題が多数起きてるようです。白モデルでは皆無なんですって。

さすがに僕も「今から白に交換できませんか?(半笑)」って聞いたら、速攻「無理です…(苦笑)」って感じになりました。そりゃそうですよね。

結局さらに新しいiPhone 5をバックヤードから出してもらうことになったのですが、箱を開けるときにGeniusが「これにも傷があった場合はあきらめてもらうか、パーツオーダーをかけて修理の対応になります。」と言ったので、一瞬心配になりましたが、新しいiPhone 5には傷はなく無事にAppleStoreから帰ることができました。

僕の周りでiPhone 5の黒を購入した人が3人いましたが、傷は無かったそうです(爆笑)

この傷の問題を今後どのようにAppleが対応するのか気になります。

手持ちのiPhoneを新品に交換する方法(バッテリー交換プログラム)

こんにちは、ジンです。クリーンインストールしたiPhone 4Sですが、アイコンがどこかに行ったりした意外は特に問題なく動いています。音声アシスタント「Siri」も使っていますが、僕の発音が悪いせいで、なかなか認識してくれませんが、認識してくれた時の返答には驚かされることがたくさんあります。

さて、今回タイトルに書いた「手持ちのiPhoneを新品に交換する方法」ですが、格安で新品に交換する方法をご紹介します。

最近のApple製品の多くはバッテリーがユーザー自身で交換できないものになっており、もしバッテリーがヘタってきた場合は、Appeに修理を依頼するような形になります。まぁ、バッテリーだけを購入し、自分で交換してしまう猛者の方もいるようですが、本体をかなり分解しないと不可能です。これについては、iPhoneに限らず、iPodやiPad、MacBookでも同じですね。

去年のこのでしたが、iPhone 3GSを購入から1年ちょっと経ったところで、バッテリーの持ちが悪くなり(いやいや、そこまで悪くなったわけでもないのですが)、保証も切れていたので、保証対象外のバッテリー交換プログラムを受けるためにAppleStore銀座のGenius Barに行ったわけです。すると

バッテリーのみの交換だろうと思ったら、なんと本体が丸ごと新品になったではありませんか!?

9800円でiPhone 3GSが新品になった。ソフトバンクショップで新品に交換したら20000円以上かかっていたのに!

で、それから一年、iPhone 4も同じようにこのバッテリー交換プログラムを受けに行ったわけですが、ちょっと仕組みが変わっていました。

iPhone 3G /3GSはバッテリーのみの交換ができないので9800円で本体が丸ごと交換できるのは変わっていないのですが、iPhone 4 は9800円だと本当にバッテリーだけの交換しか行われず、本体丸ごとの交換は追加料金4000円の13800円になるとのことです。どちらにするかはその場で選ぶことができます。

交換されたiPhone 4

iPhone 3G / 3GS → 本体丸ごと交換9800円
iPhone 4 → バッテリーのみ9800円 本体丸ごと交換13800円

iPadとiPod touchなども同様のサービスがあるようですが、試してないので詳細はわかりません。
iPadは11800円で交換なのだろうか?

http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/battery/
http://support.apple.com/kb/index?page=servicefaq&geo=Japan&product=ipad

一応書いておくと、中のパーツに一部再生品が使われていることが説明されます(3GSの時は特に説明されなかったけど)。それと、本体が壊れていないかを、専用のチェックツールで確認されます。これさえ大丈夫であれば、間違えなく傷一つ無いきれいなiPhoneに交換されます。そして交換後90日は保証を受けることができます。

気になる方はぜひお試しください。