タグ別アーカイブ: 返品

中華カーボン(TOP FIRE R869)の返品失敗の件

こんにちは、ジンです。

先日のポストにも書きましたが、中華カーボンの実態を知るべく自ら購入に踏み切ったわけですが、苦難の道のりでした。

注文から組み立てまでの道のりをもう一度おさらいしますが

1.メーカーに直接連絡し、カーボンフレーム(R869)を注文。PayPalで支払。

2.無事にフレームが届いたけど、精度が低く、表面に欠けがある商品が届く。

3.クレームを入れ、返品を申し立てる。

4.中国の税関で法外な税金をかけれらたため、メーカーが受け取り拒否

5.手元の戻る

6.Invoiceを書き直して、再度返送。

7.今度は中国税関が輸入拒否

8.再度手元に戻るが、付属品のシートポストがなくなる

9.郵便局に欠品があると伝える

10.メーカーにこのやり取りの間で欠品が出たことを伝える

11.返品をあきらめる

12.これでは自転車に乗れないので、仕方なく新しい(別モデルの)フレームR872を注文

13.無事に到着!!

14.ほかのパーツを取り寄せ組み立て

15.欠品パーツが到着

16.ヤフオクで難ありフレームを無事に処分

17.新しいフレームの組み上げが終わり、無事に乗り始める。

18.細かくパーツを変えながら、260km走る←今ここ

と、とんでもなく時間がかかったのです。

最初に買ったのはTOP FIREのR869というDeRosaのSuperking888にそっくりなフレーム。こいつがトラブルの元凶でした。
最初から今乗っているR872を購入していればこんなことにはならなかったのですが、当初ホリゾンタルフレームが欲しくて各所調べてこのフレームに行き着いたわけなんですね。

最初に書いたEMSの伝票の内容
ems01

その昔、郵便局の人に返品時はこれでも大丈夫と言われ、Wiggleに返品した時は「商品見本/0円」でも返品できたのですが。

今回この内容で返品したところ、メーカー側に約18,000円程度の関税がかかってしまうとのことで、受け取りを拒否されてしまいました。というか、正確にはメーカーで一旦支払うけど、この分の追加料金って払ってくれるんだよねと?メーカー側に言われたので、こちらが拒否したのですが…。

で、中国から再び私の手元に戻ってきたR869を再び中国へ送り返そうとして書いたEMSの伝票
ems02

0円がダメだったんだろうと思って、商品価値のないこのフレームに「商品/10000円」と書いて再度送りましたが、すでに目をつけられていたのか、中国側の税関で問答無用で帰ってきました(苦笑)その後、正式に書類を作成し、理由を求めても「受け取れない」という返事が中国から返ってくる始末。

返品時には金銭のやりとりを行っていないのに、税金かかるのはなんとも腑に落ちないですね。しかも、このやりとりの間に、付属のシートポストが紛失しました。

フレーム発送した東京都内の郵便局に荷物が紛失したことを伝えると、お金が返ってくる(賠償)と教えてもらえたので、ちゃんと手続きを行いました。私の場合は一部の紛失でしたが、申請した10000円と送料約4000円=約14000円が返金されました。

中国で無くなっただろうに、日本の郵便局が私に賠償するのもなぁ…。

とりあえず、手元に残ったR869もオークションで購入時の値段よりも若干上ぐらいで処分できましたし、送料分も賠償請求で戻ってきたので良しとしました。

TOP FIREでフレームを購入する場合は、担当者の対応はかなりいいですが、購入するフレームによってクオリティにばらつきがあるのではないかと思いました。R869とR872ではとても同じメーカーが売った商品とは思えないものでした。

恐らくTOP FIREもただの代理店で、その先に複数の工場がいるんだろうな。

Wiggleに返品する

こんにちは、ジンです。

今日は自転車の海外通販のお話。最近の円高の影響で、自転車のパーツを海外から個人輸入しています。中でもイギリスの「Wiggle」は有名で、日本語にも対応していますし、納期も日本まで約7日程で到着するので、何度か購入しています。これは僕が使っている海外サイトの中では最短納期です。ものによっては日本で買う金額の半分以下のパーツがあったりして結構頻繁に購入していますが、

毎回梱包が雑なのが難点なのです。

写真は前回クランクを買った時の箱の中の状態↓
Wiggleから送られてきた箱の中身

ものすごく大きな箱に、商品と気休め程度の緩衝材。明らかに簡易梱包で、クランクがパッケージから飛び出していました(笑) そして残念なことにチェーンリングの歯が他のパーツに当たり、傷がついてしまったようです。いくら安いとはいえ、キズものでは困るので、早速返品しました。

以下手順↓

1. まずWiggleのページにアクセスし、マイアカウントのページから自分のIDでログイン。

2. 次に、注文内容から、該当の注文番号をクリックし、注文の詳細ページにアクセスし、一番下の「こちらのご注文を返品しますか? 」のリンクをクリック。

3. すると過去の40日間の間にオーダーした商品が表示されるので、表品名の横にある「返品商品」のリンクをクリック。

4. アイテムの返品画面が表示され返品の理由を聞いてくるので、理由(日本語と英語)を入力した後、「RETURN ITEM」のボタンをクリック。

5. 返品注文が受理された画面が表示されるので、「返品注文のスリップページを印刷してください」のリンクをクリックして、表示されたページを印刷する。

6. 印刷した紙と、商品をダンボールに梱包し、Wiggleへ発送する。

7. 商品がWiggleに届いたら返金が行われる(商品代と送料)

ざっとこんな流れです。僕の場合はEMS(国際スピード郵便)で、11/10のお昼に郵便局から発送したら、11/14には返金の処理が行われました。カードで購入していたので、そのカードに返金されていました。

郵便局でEMSの伝票に自分の住所とお届け先を英語で書き、インボイス(税関への申告、検査などで必要となる書類)を書いて、窓口に出します。僕の場合は、クランクの返品で梱包後の重さが1.5kg未満なので3700円でした。この金額も後ほどWiggleから返金されます。

伝票の書き方は
「受付年月日」に発送する日の日付を記入。
「From」の欄には自分の名前と住所を英語で記入。
「TO(お届け先)」には「Returns Wiggle Ltd」と記入。
「Address」には「3 Optima Northarbour Spur」と記入。
「都市名 City」には「PORTSMOUTH」と記入。
「国名 Country」には「United Kingdom」と記入。
「郵便番号 Postal code」に「PO6 3TU 」と記入します。
電話番号とFAX番号はわからないので、空欄のまま。

あと、「内容品の詳細な記載」の欄には「Bicycle Parts Returns」と返品受付番号を記入し、内容品の個数と内容品の金額(購入時の金額)を記入。「次の場合は□に×をつけてください」の「その他」に「×」を記入。最後に日本円換算合計(円)に購入時の金額を記入する。

「ご署名」と「上記内容品は危険物に該当しないことを確認済です。」の欄も忘れずに記入。

箱に伝票を貼って郵便局の窓口に持っていくと、「インボイスを記入してください」と言われ紙を差し出されるので、伝票に書いた内容と同じように書く。郵便窓口の人もどこかに電話をして確認していてよくわかっていないようだったけど、返品の場合でも書くようです。窓口で「返品の場合でもインボイス書くの?」って他の窓口の人に確認していました。

あとは送料を払えば発送完了。

インボイスについて -日本郵便-
http://www.post.japanpost.jp/int/use/writing/invoice.html

その後、同じクランクを買った際には、Wiggleへのメッセージ欄に「前回パッケージから商品が飛び出して傷が付いていたから、今回はパッケージにテープを貼って商品が飛び出ないようにして送ってください」と書いて注文したところ、パッケージ箱ではなく、プチプチのついた封筒の中にさらにビニールで商品を包んで送ってくれました。それも前回より明らかに小さなダンボール箱で(笑) 言えばちゃんとやってくれるようです。